注目のスタートアップ

株式会社チェリーチェーン 浜田 紗綾子 | 女性エンジニアが提案から製作まで一貫して行う、IoT・ICT機器の受託開発で注目の企業

女性エンジニアが一貫して行う、IoT機器やICT機器の受託開発で注目なのが、浜田紗綾子さんが2018年に創業した株式会社チェリーチェーンです。

スマートフォンやスマート家電が普及した昨今、私たちの身の回りにはIoT機器やIoT機器がたくさん存在しています。アプリで無料通話をしたり、メッセージのやりとりをしたり、スマートウォッチのなどもIoTやICTの技術がつかわれており、もはや生活に欠かせないものとなっています。

仕事の場合はどうでしょうか。
工数や日数がかかったり、手書きや紙でのやり取りなど、以前から変わらずに当たり前に行っている業務があると思います。

今行っている業務が、IoTやICT機器を使って自動化できたり、工数を減らすことができると、業務効率が格段に上がると考えられます。

しかし「この業務は自動化できるのか」「この工程にIoTやICTの技術が取り入れられないか」などの疑問があっても、なかなか聞くことも出来ず、そのままになっている場合が多くあると思います。また、IoTやICT機器の大手企業に依頼した場合、営業の方に話をして、実際に作成するのはエンジニアであったりするので、日数や費用も必要となります。

株式会社チェリーチェーンは、代表の浜田さんが相談・提案から作成、フォローまで一貫して行っており、実際の現場・業務に合わせたIoTやICT機器をスピード感を持って製作することが可能となります。女性ならではの細やかな視点でIoT・ICTの課題に取り組んでおり、エンジニアリング業界での女性活用を提唱されています。

女性エンジニアとして活躍されている、株式会社チェリーチェーンの浜田紗綾子さんに、事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

大手企業に依頼するとどうしても高くなってしまうIoT機器やICT機器の開発を安価に受託します。
簡単な課題であればこちらで用意しているIoTキットを使って数十万円程度で解決できますし、ある程度のご要望も数百万円程度からご依頼をいただいております。

また、自社製品として光るジュエリー「プロジュ。」も展開しております

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

IoT機器を自社工場に導入したい、IoT機能を持たせた製品の開発をしたい、市販のArduinoやラズパイで作ったテストプロダクトを専用基板へと変えたいという企業様にご利用いただきたいです。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

現場の、IoT・ICT機器の導入の遅れを解決します。
IoTやICTを難しい・高価なものだという考えを取り払い、スピード感を持って現場に技術を提供します。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

大変だったこと
今まで勤め人だったときは営業さんがいる上でのエンジニアだったので、お客様とのコミュニケーションコストが膨大にかかることを理解していませんでした。
開発費だけで見積もっていたため、コミュニケーションコストの分、見積りをかなり上回るコストとなってしまいました。

乗り越えた方法
開発時間の5~10倍がコミュニケーションコストに割かれていますので、見積もりを5~10倍の金額にさせていただきました。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

異色の、女性エンジニアだけの会社に出来ると面白そうだなと思っています。
女性ならではの視点で解決できるIoT・ICTの課題に取り組んでいきたいです。
また、現在はAI機器の開発にも取り組んでおります。

・今の課題はなんですか?

優秀な女性エンジニアが見つからないことです。
優秀な方はもちろんいらっしゃるのですが、たいてい高給取りなので、引き抜くほどの財力がうちになく、困っております。

・読者にメッセージをお願いします。

起業されて、不安もありますでしょうか。
私の周りはまだ誰も廃業しておりませんし、皆がなんだかんだで何とかなっている状況を見ていると、起業には可能性こそあれ、リスクなんて見当たらないなとつい思ってしまいます。

私もビジョンもビジネスプランもないまま起業しましたが、人とのつながりだけで何とかなっています。

こちらへようこそ。起業おめでとうございます。

回答者プロフィール 株式会社チェリーチェーン代表取締役 浜田紗綾子
電子機器設計製造業。
代表取締役兼、ハードウェアエンジニア。
東京理科大学電気電子情報工学科卒、電機メーカー2社に5年ずつ勤めた後、起業。
会社経営の傍ら、県内のプログラミング教育推進や女性起業家育成活動、IoT装置導入推進に携わる。
現在はAI+SaaSの新会社設立準備中。
会社名 株式会社チェリーチェーン
代表者名 浜田紗綾子
創業年 2018年8月
住所 山梨県甲府市丸の内1-16-13 ヤマサビル4F
従業員数 1名
資本金 100万円
事業内容 製造IoT機器、ICT機器の受託開発
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI チェリーチェーン メーカー ものづくり 浜田紗綾子 組み込み 電子機器
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「トビラシステムズ」がAI搭載型営業支援ツール「Talk Book」の販売を開始
2022年1月12日、トビラシステムズ株式会社は、「Talk Book(トークブック)」を販売開始したことを発表しました。 「Talk Book」は、IP電話・通話録音・文字起こし・感情分析など、営業…
画像・映像認識AIアルゴリズムにより産業のDXを目指す「ACES」が3.2億円調達
2020年12月3日、株式会社ACESは、総額約3億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 画像・映像認識AIアルゴリズムを活用し、課題解決と価値創出を行うDX事業を展開しています。 …
「シンクロライフ」において食べるだけで暗号通貨が貯まるサービスが提供開始
2019年7月3日、株式会社GINKANは、食事代金の最大20%が暗号通貨で還元されるサービスの提供を開始したことを発表しました。 GINKANは、優良なレビュアーへの暗号通貨報酬を搭載するグルメSN…
農業向け自律走行型ロボット開発の「レグミン」が1.3億円調達
2019年12月20日、株式会社レグミンは、約1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 葉物野菜の播種(種まき)から収穫までの作業を自動化するロボットを開発しています。 ロボットは障…
農業支援・青果卸売事業展開の「Happy Quality」が1億円調達
2020年2月28日、株式会社Happy Qualityは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 農業における社会課題を、テクノロジーで解決するため、データドリブン農業の研究開発を行って…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ