注目のスタートアップ

株式会社チェリーチェーン 浜田 紗綾子 | 女性エンジニアが提案から製作まで一貫して行う、IoT・ICT機器の受託開発で注目の企業

女性エンジニアが一貫して行う、IoT機器やICT機器の受託開発で注目なのが、浜田紗綾子さんが2018年に創業した株式会社チェリーチェーンです。

スマートフォンやスマート家電が普及した昨今、私たちの身の回りにはIoT機器やIoT機器がたくさん存在しています。アプリで無料通話をしたり、メッセージのやりとりをしたり、スマートウォッチのなどもIoTやICTの技術がつかわれており、もはや生活に欠かせないものとなっています。

仕事の場合はどうでしょうか。
工数や日数がかかったり、手書きや紙でのやり取りなど、以前から変わらずに当たり前に行っている業務があると思います。

今行っている業務が、IoTやICT機器を使って自動化できたり、工数を減らすことができると、業務効率が格段に上がると考えられます。

しかし「この業務は自動化できるのか」「この工程にIoTやICTの技術が取り入れられないか」などの疑問があっても、なかなか聞くことも出来ず、そのままになっている場合が多くあると思います。また、IoTやICT機器の大手企業に依頼した場合、営業の方に話をして、実際に作成するのはエンジニアであったりするので、日数や費用も必要となります。

株式会社チェリーチェーンは、代表の浜田さんが相談・提案から作成、フォローまで一貫して行っており、実際の現場・業務に合わせたIoTやICT機器をスピード感を持って製作することが可能となります。女性ならではの細やかな視点でIoT・ICTの課題に取り組んでおり、エンジニアリング業界での女性活用を提唱されています。

女性エンジニアとして活躍されている、株式会社チェリーチェーンの浜田紗綾子さんに、事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

大手企業に依頼するとどうしても高くなってしまうIoT機器やICT機器の開発を安価に受託します。
簡単な課題であればこちらで用意しているIoTキットを使って数十万円程度で解決できますし、ある程度のご要望も数百万円程度からご依頼をいただいております。

また、自社製品として光るジュエリー「プロジュ。」も展開しております

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

IoT機器を自社工場に導入したい、IoT機能を持たせた製品の開発をしたい、市販のArduinoやラズパイで作ったテストプロダクトを専用基板へと変えたいという企業様にご利用いただきたいです。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

現場の、IoT・ICT機器の導入の遅れを解決します。
IoTやICTを難しい・高価なものだという考えを取り払い、スピード感を持って現場に技術を提供します。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

大変だったこと
今まで勤め人だったときは営業さんがいる上でのエンジニアだったので、お客様とのコミュニケーションコストが膨大にかかることを理解していませんでした。
開発費だけで見積もっていたため、コミュニケーションコストの分、見積りをかなり上回るコストとなってしまいました。

乗り越えた方法
開発時間の5~10倍がコミュニケーションコストに割かれていますので、見積もりを5~10倍の金額にさせていただきました。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

異色の、女性エンジニアだけの会社に出来ると面白そうだなと思っています。
女性ならではの視点で解決できるIoT・ICTの課題に取り組んでいきたいです。
また、現在はAI機器の開発にも取り組んでおります。

・今の課題はなんですか?

優秀な女性エンジニアが見つからないことです。
優秀な方はもちろんいらっしゃるのですが、たいてい高給取りなので、引き抜くほどの財力がうちになく、困っております。

・読者にメッセージをお願いします。

起業されて、不安もありますでしょうか。
私の周りはまだ誰も廃業しておりませんし、皆がなんだかんだで何とかなっている状況を見ていると、起業には可能性こそあれ、リスクなんて見当たらないなとつい思ってしまいます。

私もビジョンもビジネスプランもないまま起業しましたが、人とのつながりだけで何とかなっています。

こちらへようこそ。起業おめでとうございます。

回答者プロフィール 株式会社チェリーチェーン代表取締役 浜田紗綾子
電子機器設計製造業。
代表取締役兼、ハードウェアエンジニア。
東京理科大学電気電子情報工学科卒、電機メーカー2社に5年ずつ勤めた後、起業。
会社経営の傍ら、県内のプログラミング教育推進や女性起業家育成活動、IoT装置導入推進に携わる。
現在はAI+SaaSの新会社設立準備中。
会社名 株式会社チェリーチェーン
代表者名 浜田紗綾子
創業年 2018年8月
住所 山梨県甲府市丸の内1-16-13 ヤマサビル4F
従業員数 1名
資本金 100万円
事業内容 製造IoT機器、ICT機器の受託開発
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI チェリーチェーン メーカー ものづくり 浜田紗綾子 組み込み 電子機器
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

リモートワークデスクを中心としたオフィス家具D2Cブランド「WAAK°」を展開する「ワアク」が資金調達
2022年10月26日、ワアク株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ワアクは、リモートワークデスクを中心としたオフィス家具D2Cブランド「WAAK°(ワアク)」を展開しています。 モダン…
「新価値創造展 in 機械要素技術展 2023」出展者募集
独立行政法人中小企業基盤整備機構は「新価値創造展 in 機械要素技術展 2023」の出展者の募集について発表しました。 「新価値創造展 in 機械要素技術展 2023」は、RXJapan株式会社が主催…
韓国発・翻訳テクノロジーの「Flitto」が資金調達 日本市場に進出
平成29年10月10日、韓国を拠点とする、Flitto(플리토)は、資金調達を実施を発表しました。 引受先は、日本のコロプラネクストです。 統合翻訳プラットフォーム「Flitto」を開発・運営していま…
リアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank」運営の「unerry」が「三菱食品」と業務提携
2022年7月15日、株式会社unerryは、三菱食品株式会社と、業務提携に関する覚書を締結したことを発表しました。 unerryは、リアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank」を運営し…
日本語文章解析AIの「ストックマーク」が資金調達
2020年2月25日、ストックマーク株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 日本語の文章を解析するAI(=自然言語処理技術)を用いて、企業のデータ・ドリブン経営、デジタル・トランスフォーメ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ