注目のスタートアップ

遠隔接客サービス「RURA」を提供する「タイムリープ」が「グローリー」と資本業務提携

company

2024年7月10日、タイムリープ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、通貨処理機・セルフサービス機器の開発・製造・販売・保守などを手がけるグローリー株式会社です。また、グローリーとは、2022年3月に業務提携契約を締結し、金融業界やその他サービス業向けに、「RURA」の拡販を共に推進しています。

タイムリープは、遠隔接客サービス「RURA」を提供しています。

店舗の接客をインターネットを通じて遠隔で行うことができるサービスです。モニター・カメラ・マイクを利用し、現地の顧客とつながり、遠隔での接客を実現します。

また、翻訳機能によるインバウンド対応、来客を知らせるセンサーによる機会損失防止なども実現します。

今回の提携を通じ、金融業界やその他サービス業を対象に、省力化・省人化を支援し、日本が抱えるサービス業の人手不足という課題解決に向け、両社のアセットをより効果的に活用していきます。


モニターやカメラを利用した遠隔接客は、非対面・非接触でのサービス提供が求められるコロナ禍において注目を集めました。

また、遠隔接客は1人または少人数でより多くの現場に対応できるため、人手不足が深刻化するサービス業において省人化を実現するシステムとして需要が高まると予測されます。

ほかにも、アバターによって対面でのコミュニケーションが苦手な人材でも働くことが可能となるほか、カスタマーハラスメント対策などにも活用することができます。

さらには、機械翻訳などのテクノロジーを活用することで、インバウンド対策など付加価値向上なども実現することができます。

タイムリープは、遠隔接客サービス「RURA」の提供を通じ、サービス業などの課題解決に貢献しています。

サービスの成長のためには戦略的な資金調達や、シナジーの見込める企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB RURA オンライン カメラ グローリー サービス業 タイムリープ 店舗 接客 映像 株式会社 資本業務提携 資金調達 遠隔
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AI技術の研究開発・ライセンス販売の「TRYETING」が資金調達
2019年10月1日、株式会社TRYETINGは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、あいぎん未来創造ファンド3号投資事業有限責任組合(静岡キャピタル株式会社)です。 AIなどの最先端の…
社外人材による1on1サービスを提供する「エール」が3.2億円調達
2024年6月4日、エール株式会社は、総額3億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エールは、社外人材による1on1サービスを提供しています。 聴く練習・聴いてもらう体験を通じ、経験…
電気運搬船を開発する「パワーエックス」が41.5億円調達
2022年5月23日、株式会社パワーエックスは、総額41億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 電気運搬船「Power Ark」の開発や、大型蓄電池の製造・販売を展開しています。 「…
ユーザーヒアリングを高速化させるリサーチプラットフォーム「Zerone」運営の「トリピア」が資金調達
2021年10月12日、株式会社トリピアは、資金調達を実施したことを発表しました。 仮説検証に必要なユーザーヒアリングを高速化させるリサーチプラットフォーム「Zerone(ゼロン)」を運営しています。…
健康管理アプリ「カロミル」を提供する「ライフログテクノロジー」と「バリューHR」が資本業務提携
2023年6月28日、ライフログテクノロジー株式会社は、株式会社バリューHRと、資本業務提携を行ったことを発表しました。 ライフログテクノロジーは、人びとの健康への行動変容を促す健康管理アプリ「カロミ…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】