注目のスタートアップ

AIによる音声自動テキスト化サービスを提供する「Notta」が約14億円(1,000万ドル)調達

company

2022年11月2日、Notta株式会社は、総額約14億円(1,000万ドル)の資金調達を実施したことを発表しました。

Nottaは、AIによる音声自動テキスト化サービス「Notta」を提供しています。

Web会議などにおける音声ファイルからのAI自動文字起こしや、リアルタイム音声入力(ライブマイク入力)により、ビジネスにおける文字起こし・文字入力を効率化するサービスです。

さらに、文字起こししたテキストの編集やタグ付けをシンプルに行い、それをチームで共有することができます。

日本語だけでなく、英語・中国語など、104の言語に対応しています。

日本および海外でグループ「Mind Cruiser Limited」、「NOTTA INC.」を中心に展開しています。

今回の資金は、製品や研究開発への投資などに充当します。

サービスHP
自動文字起こしサービス | Notta

議事録は会議の内容や決定事項などをまとめ、あとから会議の内容を確認したり、会議に参加していない人に内容を共有したりするために重要なものです。

会議がある現場において議事録の作成は必須ともいえる業務ですが、議事録作成は、録音された音声ファイルからの文字起こしとそこからの要約が必要であり、かなりの手間がかかっています。

もし議事録作成が効率化もしくは自動化されれば、多くのビジネスの現場において時間の創出が期待できます。

コロナ禍ではテレワークが普及したため、社内における会議においてもWeb会議ツールを利用するシーンが増えました。また、このWeb会議ツールには文字起こし機能や自動翻訳機能が搭載されているものもあり、会議のデジタル化の利便性の認知も進みました。

また、ビジネスの現場ではまとまった文書を作成することもよくあります。

基本的に文書作成はキーボードを使って文章を入力していますが、音声をテキストに変換する音声入力は、速い・疲れない・ハンズフリーで入力できるというメリットがあります。

近年の音声入力システムは音声認識の精度が向上しており、入力後の修正もほとんど不要になっており、ビジネスにおいても実用的な入力手段のひとつとなっています。

Notta株式会社のコメント

このニュースを受けまして、Notta株式会社よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

今回の資金調達の目的は、ユーザーファーストな新機能の開発及びユーザーエクスペリエンスの継続的な向上です。

また、米国、東南アジアやヨーロッパなど、日本以外の市場にも積極的に進出しています。

・今後の展望を教えてください。

日本を含む全世界でDX改革に欠かせない存在としてのSaaSに大きな将来性を感じております。

また、Saas製品の普及に伴い、仕事のコラボレーション、ワークフローの最適化、デジタル化を進めることで、より大きなビジネス価値を生み出すことができます。

さらに、新しい人材の育成が容易になり、企業はより効率的に事業を展開することができるようになります。

・読者へのメッセージをお願いします。

弊社のビジョンは、「会話の無限大な価値を発見」です。弊社は文字起こしサービスを中心として事業展開をしており、弊社のサービスを通して、お客様のビジネスを前進させることが重要だと考えております。

一人でも多くのお客様に気持ちよく使っていただけるように、これからもサービスの質を高めていきたいと思っています。

「会議の議事録の時間を短縮したい」、「お客様との打ち合わせで重要な情報を失いたくない」、「面接の練習」、さらには「語学学習にNottaを使う」など様々なシーンで、文字起こしサービスの使用機会が増えてきています。

学生や聴覚障害者向けに特別プランもございますので、ぜひ使ってみてください!

人手不足が深刻になってきている中、業務効率化は多くの企業で喫緊の課題となっています。創業期はなにもない状態からはじまるため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI Web会議 テキスト化 リアルタイム リアルタイム入力 入力 文字起こし 株式会社 自動 言語 資金調達 音声 音声入力
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

注文住宅間取りをスマホから依頼できる「madree」など展開の「スタジオアンビルト」が1.3億円調達
2021年10月13日、スタジオアンビルド株式会社は、総額1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 注文住宅の間取りをスマホで依頼ができる「madree(マドリー)」と、建築設計のク…
農業支援・青果卸売事業展開の「Happy Quality」が1億円調達
2020年2月28日、株式会社Happy Qualityは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 農業における社会課題を、テクノロジーで解決するため、データドリブン農業の研究開発を行って…
セルフトレーニングをサポートする鏡(姿見)型デバイス「MIRROR FIT.」提供の「ミラーフィット」が資金調達
2022年4月18日、ミラーフィット株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ミラーフィットは、自宅でのトレーニングをサポートする鏡(姿見)型のスマートデバイス「MIRROR FIT.」を開…
クラウド営業支援ツール「Senses」提供の「マツリカ」が3.7億円調達
2019年10月30日、株式会社マツリカは、総額3億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 クラウド営業支援ツール「Senses(センシーズ)」を提供しています。 蓄積された営業の情報…
VRリハビリテーション機器開発・提供の「mediVR」が5億円調達
2021年7月8日、株式会社mediVRは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 VRリハビリテーション用医療機器「mediVRカグラ」の開発・販売を行っています。 VR空間上に表示され…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ