注目のスタートアップ

バーチャルヒューマンのプロデュースやバーチャルヒューマンに関する基礎技術の研究開発などを行う「Aww」が9.6億円調達

company

2024年7月8日、株式会社Awwは、総額9億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Awwは、「imma」「plusticboy」「Ria」など複数のバーチャルヒューマンのプロデュースや、バーチャルヒューマンに関する基礎技術の研究開発、メタバース領域やバーチャルファッション関連でのビジネス展開などを行っています。

また、AI研究も行っており、サンフランシスコのグローバルパートナーと共に、バーチャルヒューマンとAIの融合を行い、コンテンツ制作の自動化・提供を実現しています。


バーチャルヒューマンとは、フォトリアルな3DCGによって構築される人間に限りなく近い見た目をしたデジタルキャラクターのことです。

人工知能、音声合成、動画生成、音声・画像認識、自然言語処理などの技術を応用することで、人間と変わらないような言動を実現し、さまざまな領域で人間の代替としての活用が見込まれています。

たとえば、エンターテインメントや広告業界における撮影での人材、小売店やECにおける接客スタッフなどでの活用が期待されています。

バーチャルヒューマンを採用するメリットとしては、人件費の削減、精神的負荷のかかる業務の代替、理想的なモデルを採用できること、人間特有のトラブルの抑制などが挙げられます。

Awwがプロデュースするバーチャルヒューマン「imma」は、2018年にデビューした、アジア初のバーチャルヒューマンです。Instagramのフォロワー38万人、TikTokは46万人を超え、インフルエンサーとしてグローバルに活躍しています。さまざまな企業のPRキャラクターとして起用されています。

またAwwは、AIを活用することで完全に自動化されたバーチャルヒューマンの作成を目指しています。

企業・事業の大きな成長には戦略的な資金調達や提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI Aww BtoB imma plusticboy Ria エンターテインメント コンテンツ制作 バーチャル バーチャルヒューマン メタバース 基礎技術 対話 株式会社 研究開発 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

移住マッチングプラットフォーム「たびすむ」を運営する「BeA」が1億7,480億円調達
2022年11月1日、株式会社BeAは、総額1億7,480億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を運営する株式会社トラストバンクと、株式会社…
電気自動車を活用した電力需給調整システム開発の「REXEV」が7.4億円調達
2020年12月21日、株式会社REXEVは、約7億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 電気自動車(EV)を活用した電力需給調整システムの開発や、EV特化型カーシェアリング「eem…
同種由来iPS細胞由来心筋細胞シートの実用化を目指す「クオリプス」が20億円調達
2020年12月4日、クオリプス株式会社は、総額約20億円の資金調達を実施したことを発表しました。 大阪大学の技術・研究成果をベースに、同種由来iPS細胞由来心筋細胞シートの開発・事業化を目的に設立さ…
AIスマートカメラ「SiNGRAY」シリーズなどを手がける「HMS」が3億円調達
2024年4月2日、HMS株式会社は、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 HMSは、AIスマートカメラ「SiNGRAY」シリーズや、AI画像処理プラットフォーム「SiNGRAY NET…
民間学童保育事業を展開する「ウィズダムアカデミー」が2.35億円調達
2020年7月6日、株式会社ウィズダムアカデミーは、総額2億3,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 “学べるアフター・スクールをテーマに、民間学童保育・幼児保育事業を展開しています。 …

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】