注目のスタートアップ

耕作放棄地を活用したオリーブの栽培やオリーブ商品の開発を手掛ける「ジャングルデリバリー」が資金調達

company

2022年10月5日、株式会社ジャングルデリバリーは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、東和SBIお客様応援投資事業有限責任組合(東和SBIお客様応援ファンド)です。

ジャングルデリバリーは、地域の耕作放棄地問題を解決するため、耕作放棄地を活用したオリーブの栽培と、オリーブオイルやオリーブ化粧品などの開発・商品化を推進しています。

本社のある群馬県館林市において耕作放棄地を活用したオリーブ事業を展開し、地域の農家へのオリーブ植樹指南、搾油所の開設、オリーブオイルやオリーブ茶などの製品化など、企業とのアライアンスに注力しながら事業を進めています。

今回の資金は、オリーブ栽培専門家など技術者の招聘、オリーブを活用した商品開発の推進などに充当します。

耕作放棄地とは、過去に農地として利用され作物が育てられていたものの、現在は利用されず放棄されている土地のことです。

遊休農地とは違い、利用されておらず今後も耕作の見込みがない土地のことを指します。

耕作放棄地は、農業従事者の高齢化や人手不足によって増加しており、耕作放棄地の総面積は、1975年には13.1万haだったものが、2015年には42.3万haへと増加しています。

耕作放棄地の増加が引き起こす問題は、農地面積の減少、土壌の質の悪化、害虫・雑草による周囲の農地への悪影響、鳥獣による近隣への影響などがあります。

そのため耕作放棄地は、再び農地として利用するか、農地以外で利用することが求められています。

近年はこの耕作放棄地においてオリーブを栽培する取り組みが全国的に徐々に広がっています。

オリーブから作られるオリーブオイルは健康効果が注目され、近年は食卓でも一般的に使用されるようになっています。

また、オリーブオイルの絞りかすは、化粧品・飼料・燃料などで利用できます。

ほかにも剪定時に出たオリーブの葉は乾燥させ、健康に良いオリーブ茶にできます。

株式会社ジャングルデリバリーのコメント

このニュースを受けまして、株式会社ジャングルデリバリー 代表取締役 三田英彦氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

起業からの5年間で設備投資やプロダクト開発を行ってきました。

今後は人に投資し、プロダクトに磨きをかける、広報やマーケティング、財務それぞれの才能をお迎えしたいと存じます。

・今後の展望を教えてください。

耕作放棄地でのオリーブ栽培家を増やし、99%輸入に頼るオリーブ製品の国内製造率を高めます。

苗栽培からプロダクト開発、輸出、オイル搾油機製造、産業ツーリズムに至るまで一気通貫で行っていきます。

・読者へのメッセージをお願いします。

地域経済と地球環境に貢献しつつ事業を拡大させてまいります。

農業では売上を向上させるため、自社で加工品をつくって売るなど、付加価値を高める取り組みが重要となっています。またその販売ではEC(ネット通販)の活用が注目されています。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、ネット通販のはじめ方、インターネットを活用した集客ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ オリーブ ジャングルデリバリー 株式会社 栽培 群馬県 耕作放棄地 資金調達 農業 館林市
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

肝疾患治療用細胞シートの実用化を目指す「カノンキュア」がサイバニスク技術の「サイバーダイングループ」と資本業務提携
2021年8月5日、カノンキュア株式会社は、CYBERDYNE株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 また、CYBERDYNEの子会社であるCEJキャピタル株式会社が運用するサイバ…
イスラエル国防軍の技術を用いたサイバーセキュリティSaaS提供の「AironWorks」が9,000万円調達
2021年11月11日、AironWorks株式会社は、総額約9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 イスラエル国防軍のUnit 8200出身エンジニアが開発した最先端テクノロジーを用…
中小企業製造業工場向け案件管理・経営判断支援SaaS「monit」運営の「トランスミット」が1.24億円調達
2021年10月14日、トランスミット株式会社は、総額1億2,400万円の資金調達を実施したことを発表しました。 中小企業製造業工場の案件管理や経営判断を支援するSaaS「monit(モニット)」を運…
パブリック・ブロックチェーン「Plasm Network」の開発をリードする「Stake Technologies」が2.5億円調達
2021年2月9日、Stake Technologies Pte Ltdは、総額約2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Stake Technologiesは、日本発のパブリック…
高高度ガス気球や旅行用気密キャビンを設計・開発する「岩谷技研」が資金調達
2021年10月20日、株式会社岩谷技研は、資金調達を実施したことを発表しました。 これにより、累計調達額は5億3,000万円となりました。 岩谷技研は、高高度ガス気球や、旅行用気密キャビンを設計・開…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ