注目のスタートアップ

応援型アートプラットフォーム「IMAJIN(仮)」を開発する「Porro」が資金調達

company

2022年7月1日、株式会社Porroは、資金調達を実施したことを発表しました。

Porroは、応援型アートプラットフォーム「IMAJIN(仮)」を開発しています。

月額メンバーシップを通じ、熱心なファンから作品・活動をサポートしてもらえるサービスです。

2022年秋冬にα版のローンチを予定しています。

porroはほかに、アート作品のセレクトショップ「HIRUCO」、壁画アート・キッチンカー・植栽・DJイベントなどのイベント事業、ロゴ・名刺・印鑑制作・グラフィックデザインなどのクリエイティブ事業を展開しています。

2021年の日本のアート産業市場は2,781億円と推計されています。また、アート作品が直接関わる美術品市場は2,186億円となっています(※1)。

世界のアート市場は7兆円~8兆円の規模であるため、国内アート市場は非常に小さいものであり、まだまだ成長の余地があるといわれています。

国内では日常的にアート作品を購入するという文化が形成されていないため、アートで食べていける人はごく一握りの存在となっています。

一方で、アクセサリーなどのハンドメイド作品を売買するハンドメイドEC市場は順調に拡大しています。こうしたハンドメイド作品は、アクセサリーや、財布、ファッションアイテム、生活雑貨など実用的な作品が多くなっています。

こうしたハンドメイド作品を購入する動機としては、作品が気に入ったから、日常を豊かにしてくれそうだから、作者を応援したいからなどが挙げられます。

一方で、絵画など観賞用のアート作品についても、生活空間を彩り、日常を豊かにしてくれるものであることには変わりありません。実際、アメリカやヨーロッパなど絵画を日常的に購入する国では、絵画は家具・インテリアと同じ扱いを受けています。

そのため、国内のアート市場を活性化させていくには、「飾る」アート作品も日常に寄り添い、生活を豊かにしてくれるものであるという価値観を醸成したり、アーティストの思いや現状などを発信していくことが重要であると考えられます。

新たなビジネスの創出には資金が重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

(※1)出所)「日本のアート産業に関する市場調査2021」エートーキョー(株)、(一社)芸術と創造​

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ IMAJIN Porro アーティスト アート クリエイター クリエイティブ セレクトショップ ファン・コミュニティ ファン・ビジネス ファン・マーケティング プラットフォーム 株式会社 美術 芸術 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

デジタルゲート認証/決済プラットフォーム「SmartWallet」開発の「PaylessGate」が1.3億円調達
PaylessGate株式会社は、総額1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 デジタルゲート認証/決済プラットフォーム「SmartWallet」を開発しています。 独自技術である“…
食品原料のWeb売買プラットフォーム「シェアシマ」を運営する「ICS-net」が資金調達
2023年1月12日、ICS-net株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ICS-netは、食品原料のWeb売買プラットフォーム「シェアシマ」を運営しています。 さまざまな理由で食品メー…
ファッションとメタバースをつなぐ「クリアーション」が1.7億円調達
2022年3月1日、クリアーション株式会社は、総額150万ドル(約1.7億円)の資金調達を実施したことを発表しました。 また、米国法人Kreation Verse Inc.の設立も併せて発表しました。…
「hajimari」が企業向け総合研修プラットフォームサービス「HR University」をローンチ
2022年9月7日、株式会社Hajimariは、「HR University」をローンチしたことを発表しました。 「HR University」は、人・組織について網羅的に学べる、企業向けの動画研修サ…
オンラインゲームの経済圏を拡大させることでメタバースの実現を目指す「Meta Earth」が1億円調達
2022年3月29日、株式会社Meta Earthは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Meta Earthは、オンラインゲームの経済圏を拡大させることで本物のメタバースを実現するこ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ