独立系VCの「Coral Capital」が新アクセラレーター「Coral Reef」を開始

tips

2022年9月14日、Coral Capitalは、新たにスタートアップ・アクセラレーター「Coral Reef」を開始することを発表しました。

「Coral Reef」は、すでにCoral Capitalからの資金調達が済んでいる有望なスタートアップの成長加速を目的とした包括的プログラムです。

6か月間の資金調達支援プログラム、国内外著名VCが参加するシリーズA調達のためのピッチイベント(デモデイ)、採用・広報などのテーマ別の講座・勉強会、採用イベント、人材データベースの提供、コワーキングスペースの提供などを実施します。

多くのアクセラレーターは、対象企業がシード資金調達前のスタートアップが中心だったため、「Coral Reef」は、シード資金調達済みの有望スタートアップのより大きな資金調達による成長を促すことを目的としています。

Coral Capitalは、約300億円を運用する独立系VC(ベンチャーキャピタル)です。2016年から投資を開始し、これまでに合計約100社に投資を実行しています。

アクセラレーターとは、シード期もしくはシード期以降のスタートアップに対し、一定期間(3か月や半年など)、資金・ノウハウ・ネットワークなどのリソースを提供し、短期的な成長を促すことを目的とした組織です。

米国ではベンチャーキャピタリストのポール・グレアム氏が立ち上げた「Y Combinator」が有名で、投資目的として運営されるアクセラレーターが目立っています。

国内ではKDDIやソニーなどの大企業が手掛け、オープンイノベーションの創出を目的としたアクセラレーターが多いことが特徴的です。

スタートアップとしては、大企業が持つリソースを活用できることがメリットであり、将来的には協業や、グループ会社・子会社化といった形で成長していける可能性があります。

今回​Coral Capitalが発表した「Coral Reef」は、Coral Capitalが投資を実行したスタートアップの成長を目的としたアクセラレーターです。

国内ではオープンイノベーションを目的としたアクセラレーターが多いため、VCが手掛けるアクセラレーター「Coral Reef」がスタートアップ市場にどのような影響をおよぼすのか注目が必要です。

アクセラレータープログラムなどでは、他企業との協業もメリットです。自社にはないリソースを活用できるため、ビジネスを大きく成長させることもできるでしょう。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、協業できる会社を見つけるための一歩として、人脈を作るためのノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Coral Capital Coral Reef VC アクセラレーター スタートアップ デモデイ プログラム 独立 資金調達 資金調達支援
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「Capex」が1億円調達 ライフ・パートナー・アプリ「PATONA」をリリース
2020年12月24日、株式会社Capexは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、ライフ・パートナー・アプリ「PATONA(パトナ)」をリリースしたことも併せて発表しました。 「…
美容サロンと 訪日観光客をつなぐ美容体験プラットフォーム運営の「ファノーヴァ」が資金調達
2019年9月3日、株式会社ファノーヴァは、資金調達を実施したことを発表しました。 厳選美容サロンと訪日観光客をつなぐ美容体験プラットフォーム「Borderless Beauty(ボーダレス ビューテ…
フードデリバリーサービス提供の「Chompy」が7.8億円調達
2021年6月30日、株式会社Chompyは、総額約7億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、2021年6月26日付で社名を株式会社シンから、株式会社Chompyに変更していま…
本人認証と権利移転のプラットフォーム運営の「ビットキー」が22億円調達
2019年10月7日、株式会社ビットキーは、総額22億円の資金調達を実施したことを発表しました。 本人認証と権利移転のプラットフォーム「bitkey platform(ビットキープラットフォーム)」を…
ウーマン・ウェルネス・ブランド「Ubu」展開の「MEDERI」が3,000万円調達
2020年7月31日、MEDERI株式会社は、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 2020年3月にウーマン・ウェルネス・ブランド「Ubu(ウブ)」をローンチし、20〜30代の女…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ