「地域企業経営人材確保支援事業給付金」中堅・中小企業の大企業人材採用を支援

subsidy

「地域企業経営人材確保支援事業給付金」のご案内です。

地域の中堅・中小企業が、転籍、兼業・副業、在籍出向などにより、「REVICareer」を通じて、大企業人材を採用した場合に、最大500万円の給付金を交付する制度です。

給付金は、採用者へ提示する待遇の改善、人事制度や福利厚生の充実、その他採用に際して要する諸費用に活用することができます。

「転籍型」
・上限500万円
・雇用契約期間:1年以上

「兼業・副業型」
・上限200万円
・雇用契約期間:3か月以上

「在籍出向型」
・上限200万円
・雇用契約期間:3か月以上

給付対象企業要件

以下の1、2の両方を満たす企業
1. 日本国内で本店の法人登記を行っている法人
2. 以下の両方を満たしている法人(資本金のない法人の場合、2.を満たしている法人)
 ・資本金が10億円未満であること
 ・常時使用する従業員数が2,000人以下であること

REVICareer活用から、給付金申請、実績報告までの流れ

「求人」
・REVICareer登録金融機関に求人ニーズを相談
・REVICareerへの求人票掲載、登録人材へのスカウトメッセージ等の対応を依頼

「内定」
・候補者との面接、採用検討を経て、REVICareer登録人材の採用を決定(内定通知)
・REVICareerのサイト内で成約報告を実施(REVICの定める手続き) 

「入社」
・給付金の給付要件を満たす雇用条件にて、REVICareer登録人材を採用
・給付金申請には、REVICの定める手続きを行っていること、雇用条件が給付要件を満たしていることなどが必要です。

「作成」
・給付申請書をダウンロード
・雇用形態に応じて必要書類を準備(転籍型/兼業・副業型/在籍出向型)
・2024年4月1日以降、特定金融機関は、給付対象企業に経営人材が採用されたことを確認する書類(人材確認書)を作成する必要があります。

「申請」
・給付申請書及び添付書類をREVICに提出
・2024年4月1日以降、給付申請書提出時に特定金融機関は人材確認書をREVICに提出する必要があります。

「決定」
・REVICで審査を行い、給付金の給付・不給付を決定
・審査結果を通知

「受領」
・給付対象企業の指定口座に給付金を振込

「報告」
・実績報告書(申請企業用)と関係書類(賃金台帳の写しなど)をREVICareer登録金融機関(特定金融機関)に提出する
・REVICareer登録金融機関は、実績報告書(特定金融機関用)を作成し、REVICに提出する

申請期間

2025年2月14日まで


「REVICareer(レビキャリ)」は、地域企業経営人材マッチング促進事業の一環として整備された、大企業ビジネスパーソンの自発的なキャリアデザインとネクストキャリアを支援するプラットフォームです。

具体的には、「地域金融機関による人材マッチング」「給付金制度」「研修・ワークショップの提供」によって支援しています。

全国100以上の地域金融機関が「REVICareer」に登録しており、取引先企業の事業性評価・伴走支援活動の一環として人材紹介を行っています。

「地域企業経営人材確保支援事業給付金」はこの「REVICareer」の支援の一環であり、大企業人材と地域企業との間に存在する年収ギャップなどを一定程度解消し、地域企業による経営人材確保を進めることを目的としています。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「補助金ガイド」では、専門家に監修してもらいながら、創業手帳が実際に補助金申請を行った経験をもとに補助金・助成金のノウハウを解説しています。

また、日々更新される補助金・助成金の情報を、個人に最適化してメールでお知らせする「補助金AI」も運営しています。こちらもご活用ください。

ほかにも、資金調達のノウハウを集めた「資金調達手帳」も無料でお送りしています。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ REVICareer レビキャリ 人材 兼業 副業 助成金 在籍出向 地域企業経営人材確保支援事業給付金 大企業人材 支援 求人 給付金 補助金 転籍 雇用
詳細はこちら

人材を採用したい企業の方

広報手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ヒトの潜在的な情報も可視化するテクノロジーを活用してマーケティング事業などを展開する「AIQ」が16億円調達
2022年3月31日、AIQ株式会社は、総額約16億円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIQは、ヒトの表面的な情報だけでなく見えない領域(Inside)も含めた様々な情報をテクノロジーによっ…
「IT導入補助金2024」通常枠・インボイス枠(インボイス対応類型)・インボイス枠(電子取引類型)・セキュリティ対策推進枠
「IT導入補助金2024」における最新締切のご案内です。 さまざまな経営課題を解決するためのITツール導入を支援するための補助金です。 下記5つの枠の中で、目的に合致するものに申請が可能です。 通常枠…
「令和6年度病害虫・雑草の防除対策の高度化事業」補助金
農林水産省は、「令和6年度病害虫・雑草の防除対策の高度化事業」の公募について発表しました。 近年、農業用ドローン、常温煙霧機等の防除の省力的・効果的な散布技術の利用場面の拡大や、マイナー作物(生産量が…
フリーランス向け報酬即日払いサービス提供の「yup」とエンジニアの成長支援サービス運営の「Value market」が業務提携
2021年1月28日、yup株式会社は、株式会社Value marketと業務提携契約を締結したことを発表しました。 yupは、フリーランス向け報酬即日払いサービス(オンライン型ファクタリング・サービ…
B2C事業者のDXを支援する「UPBOND」が資金調達
2021年10月26日、株式会社UPBONDは、資金調達を実施したことを発表しました ノーコードのCRMツール「UPBOND Communication」、CIAMツール「UPBOND Identit…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】