注目のスタートアップ

タレントマネジメントクラウド「HRBrainタレントマネジメント」など提供の「HRBrain」が18億円調達

company

2022年2月2日、株式会社HRBrainは、総額18億円の資金調達を実施したことを発表しました。

タレントマネジメントクラウド「HRBrainタレントマネジメント」や、従業員エクスペリエンスクラウド「HRBrain EX Intelligence」、人事評価クラウド「HRBrain人事評価」、労務管理クラウド「HRBrain労務管理」(近日リリース)を提供しています。

「HRBrainタレントマネジメント」は、人材・組織の可視化・一元管理を通じ、人事業務の効率化や、人材の離職防止・育成・最適な配置を実現するクラウドサービスです。

タレントマネジメントとは、従業員の持つスキル・経験などの情報を一元管理し、戦略的な人材配置や人材育成を行うマネジメント手法のことです。

主に人材の流動性の高い企業・組織において優れた人材を定着させるために実施されていた手法であるため、終身雇用制度を採用していた日本企業ではあまり必要とされてこなかったマネジメント手法でした。

しかし近年日本では、終身雇用制度の崩壊、労働人口の減少、そして変化の激しい時代が合わさり、人材獲得競争が激化してきています。

この時代では流動的な人材を適切に配置することや、人材の最適な育成、そして職場定着の取り組みなどが重要です。

このような観点からタレントマネジメントが注目されており、専用のツール・システムを活用する企業も増加しています。

また新型コロナウイルス感染症の流行によってテレワークが普及し、以前とはコミュニケーションが変化しています。

人材の評価についても従来の主観的なものからデジタルへの転換が必要であり、タレントマネジメントシステムはこういった面で効果を発揮します。

創業期はなにも導入されていないまっさらな状態なため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EX Intelligence HRBrain HRBrainタレントマネジメント HRBrain人事評価 クラウド タレント タレント・マネジメント マネジメント 一元管理 人事 人事評価 人材 人材マネジメント 労務管理 効率化 株式会社 組織 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「ONE」が1,000万円調達 所有するNFTのオリジナルグッズが購入できる「Super NFT Products」をリリース
2022年5月10日、ONE株式会社は、1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Super NFT Products」を提供開始したことも併せて発表しました。 「Super N…
落とし物クラウドを開発する「find」が4,000万円調達
2022年8月5日、株式会社findは、総額4,150万円の資金調達を実施したことを発表しました。 findは、落し物クラウド「find(ファインド)」を開発しています。 落とし物にまつわる課題を解決…
登記所に行かなくても電子証明書が取得できる「Graffer 電子証明書取得サポート」がリリース
2019年11月19日、株式会社グラファーは、「Graffer 電子証明書取得サポート」をリリースしたことを発表しました。 「Graffer 電子証明書取得サポート」は、登記所に行かなくても、ネットか…
クラウドでマニュアル作成「Teachme Biz」の運営元が9000万円調達!
平成29年8月23日、株式会社スタディストは、総額約9000万円の資金調達を実施しました。 クラウド型マニュアル作成・共有プラットフォームの「Teachme Biz」を提供しています。 スマホから写真…
心疾患診断アシスト機能を搭載した「超聴診器」を開発する「AMI」が1億円調達
2022年3月1日、AMI株式会社は、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 心疾患診断アシスト機能付き遠隔医療対応聴診器「超聴診器」を開発しています。 心電・心音の同時計測と、独自のアルゴリ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ