「事業再構築補助金」や「ものづくり補助金」に抜本的見直しの可能性

tips

2021年11月1日、財務省は「中⼩企業、エネルギー・環境(グリーン)」という資料を公表しました。

「事業再構築補助金」と「ものづくり補助金」の実績が示され、各種データからこの2つの補助金が適切な事業者に行き渡っていないことを指摘しています。

このことから、「事業再構築補助金」と「ものづくり補助金」では補助金のありかたを根本的に見直す必要があると提言しています。

「中⼩企業、エネルギー・環境(グリーン)」は財政制度等審議会(財務省の諮問機関)の財政制度分科会歳出改革部会において利用された資料です。

前半の「今後の中小企業支援のあり方」という項目では、「事業再構築補助金」と「ものづくり補助金」の実績がグラフ等によってまとめられています。

「事業再構築補助金」は、ポストコロナに向けた取り組みを支援するために2020年度第3次補正予算にて創設されました。

補助金は最大1億円で、補助率も最大3/4と手厚い内容となっています。

しかし、最大1億円という補助金額は、中小企業が想定する事業再構築の費用のボリュームゾーン(100万円~5000万円)との乖離が大きく、補助金依存や過大投資が誘発されてしまうおそれがあります。

また、事業再構築のニーズが高い飲食店・宿泊業の補助金の採択割合は23%で、あまりニーズの高くない製造業が27%も採択されているということもあり、本当に補助金を必要としている事業者が採択されていないという状況にあります。

「ものづくり補助金」は、中小企業の生産性向上のための取り組みを支援するものです。

2019年度の採択状況では、従業員数20人以下の採択が約52%を占めており、また直近3年間で複数回採択された事業者が約15%いました。

複数回の採択は、一度の支援では有効な効果が得られなかったということのあらわれでもあります。

また、効果分析を行ったところ、「ものづくり補助金」に採択された事業者において、従業員1人あたりの付加価値額、従業員数、有形固定資産額に対する有意な影響がみられなかったという報告もあります。

これらのことから「事業再構築補助金」と「ものづくり補助金」においては、真に必要な事業者に適切な支援が行き渡るよう、根本的に見直すことが必要であると結論づけられています。

政府は新型コロナの対策として様々な補助金を実施しています。

今回のコロナ禍になってはじめて補助金を活用したという事業者も多数存在します。

また感染症対策を機会に生産性向上や設備投資の促進なども併せて行っており、政府はDX推進のひとつとして補助金・助成金を位置づけています。

今回の財務省の公表した資料により、「事業再構築補助金」と「ものづくり補助金」という2つの大きな補助金が、有効に活用するのが難しい補助金制度であることが示されました。

今後根本的に見直され、補助金を必要としているのに採択されなかったという事業者にも補助金が行き渡る補助金に生まれ変わることを期待します。

累計150万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、融資申請をスムーズに行うためのノウハウや注意点を解説しています。また、創業手帳自身が補助金申請を行った経験をもとに専門家と作成した「補助金ガイド」も無料で送付しています。補助金・助成金申請の流れや注意点を把握することができるため、申請を考えている方はぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ ものづくり補助金 事業再構築補助金 助成金 補助金
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「ビジマッチ」がワーケーション・メディア「TELETRA」をリリース
2020年12月10日、株式会社ビジマッチは、「TELETRA」をリリースしたことを発表しました。 「TELETRA(テレトラ)」は、仕事をしながら旅をする人をサポートするワーケーション・メディアです…
昭和信用金庫インキュベーション施設「スタートアップえびす」入居者募集 11/20〆切
昭和信用金庫が運営する「スタートアップえびす」の入居者の募集が発表されました。 「スタートアップえびす」は、昭和信用金庫が新しく運営するインキュベーション施設です。 JR恵比寿駅から徒歩3分の立地にあ…
「Holoeyes」の医療用画像表示サービス「Holoeyes MD」などが「IT導入補助金2020」の補助金対象ITツールに認定
Holoeyes株式会社は、提供する3つのサービスが、経済産業省が推進する「IT導入補助金2020」における補助金対象ITツール 特別枠(C類型)に認定されたことを発表しました。 認定されたサービスは…
「雇用調整助成金の特例措置等」 9月末まで延長へ
厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症に係る雇用調整助成金・緊急雇用安定助成金、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の特例措置について、9月末まで継続する予定であることを発表しました。 現在…
上限額1000万円、約1万社支援の「ものづくり補助金」が、2018年2月中から公募開始!
経済産業省・中小企業庁が、平成29年度(2017年度)補正予算で、中小企業・小規模事業者を対象とした「ものづくり補助金」で1000億円を計上します。 今回の注目点は以下の通りです。 中小企業・小規模事…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ