令和6年度「スタートアップ知的財産支援事業 ハンズオン支援」申請受付開始 無料専門家派遣+1,500万円助成

subsidy

令和6年度「スタートアップ知的財産支援事業 ハンズオン支援」の申請受付が開始されました。

令和6年度「スタートアップ知的財産支援事業 ハンズオン支援」は、公益財団法人東京都中小企業振興公社が実施する支援事業です。

優れた技術を有しており、知的財産の意識はあるものの、その活用ノウハウを持たないスタートアップに対し、戦略の策定から知的財産権取得までの中長期ハンズオン支援を行うことで、知財を武器に世界と戦える企業の創出を目指します。

事業のスキーム・支援内容

1. 優れた技術・アイデアの募集
2. ビジネス・知財両面に関する伴走支援【知財戦略アドバイザー及び専門家による支援】
3. 助成事業による支援【本事業の支援による戦略策定後の予定】

助成

対象者:都内で実質的な事業活動を行っている創業おおむね10年以内の中小企業者(会社及び個人事業者)
助成限度額:1,500万円
助成率:助成対象と認められる経費の1/2以内
助成対象経費:知的財産権の出願等権利化に要する経費や、権利化までに必要な技術開発・改良に要する経費等

申請スケジュール

申請予約:2024年2月13日(火)~2024年4月12日(金)
申請書類提出:2024年3月13日(水)~2024年4月15日(月)17:00


知的財産権は、企業における重要な経営資源のひとつです。

企業は特許などを取得することで、自社の製品や技術を保護し、模倣や侵害から守ることができます。

また、知的財産権を活用してビジネスを独占的に展開することで、企業は収益を最大化することが可能です。

特許庁の調査によると、知的財産を所有する中小企業は、所有しない企業に比べて売上高営業利益率が高いことが示されています。つまり、知的財産の活用と企業の成長には相関があるということです。

しかし、知的財産権を戦略的に活用するには、専門的な知識を必要とします。多くの中小企業は知的財産の活用について後れを取っており、数々の不利益を被っています。

中小企業が自社の持つ優れたアイデア・技術によって成長を目指すためには、知的財産の保護・活用にも取り組む必要があります。

東京都中小企業振興公社(東京都知的財産総合センター)は、こうした中小企業・スタートアップを支援するため、「スタートアップ知的財産支援事業 ハンズオン支援」を展開しています。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「補助金ガイド」では、専門家に監修してもらいながら、創業手帳が実際に補助金申請を行った経験をもとに補助金・助成金のノウハウを解説しています。

また、日々更新される補助金・助成金の情報を、個人に最適化してメールでお知らせする「補助金AI」も運営しています。こちらもご活用ください。

ほかにも、資金調達のノウハウを集めた「資金調達手帳」も無料でお送りしています。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ IP アドバイザー スタートアップ ノウハウ ハンズオン ビジネス 中小企業 令和6年度 伴走支援 個人事業者 公益財団法人 創業 助成 専門家 専門家派遣 戦略 技術 技術開発 支援 東京都中小企業振興公社 活用 無料 知的財産 知的財産権
詳細はこちら

令和6年度 スタートアップ知的財産支援事業 ハンズオン支援

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

タンパク質の次世代解析技術「AIプロテオミクス」の研究開発と実用化に取り組む「aiwell」が資金調達
2023年6月30日、aiwell株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、北洋SDGs推進2号ファンドです。 aiwellは、タンパク質の網羅的解析技術「AIプロテオミクス」の研…
知財業務のDXを推進する「Smart-IP」が5,000万円調達
2022年12月1日、Smart-IP株式会社は、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Smart-IPは、明細書作成サポートシステム、特許事務所業務のDX支援コンサルティング、…
AI作成支援プラットフォーム「harBest」運営の「APTO」が6,000万円調達
2020年12月22日、株式会社APTOは、約6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AI作成支援プラットフォーム「harBest(ハーベスト)」を運営しています。 AI作成のために必…
スマートフォン向けゲームの企画・開発・グローバル配信・運営などを手掛ける「A PLUS JAPAN」が資金調達
2022年10月14日、RPAホールディングス株式会社は、出資するA PLUS JAPAN株式会社が、Sony Pictures Televisionから新たに資金調達を実施したことを発表しました。 …
7月20日は「中小企業の日」 7月は「中小企業魅力発信月間」
中小企業庁は、「中小企業の日」と「中小企業魅力発信月間」について発表しました。 「中小企業の日」は、中小企業・小規模事業者の存在意義や魅力などに関する正しい理解を広く醸成する機会を国民運動として提供し…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】