注目のスタートアップ

タスク管理ツール「Suit UP」を開発・運営する「スーツ」が2億円調達

company

2024年7月1日、株式会社スーツは、合計2億円の資金調達を実施したことを発表しました。

スーツは、プロジェクト・タスク管理ツール「Suit UP(スーツアップ)」を開発・運営しています。

10名以上100名未満の中小・中堅企業、スタートアップを主な対象としたプロジェクト・タスク管理ツールです。

ITリテラシーを問わずに利用できるよう、表計算ソフトを参考としたインターフェースを採用しているほか、タスク雛形、期限通知、定型タスクなど、チームでのタスク管理を毎日続けられるような機能を備えています。

2023年9月からα版、2024年4月からβ版の提供を行っています。

今回の資金は、「Suit UP」のシステム開発、営業体制の構築に充当します。


タスクとは、業務や仕事を細分化した、仕事の最小単位のことです。

このタスクごとに期限や優先順位を設定し可視化することで、効率的にやるべき仕事をこなしていくことができます。これをタスク管理と呼びます。

一般的に、仕事をこなす際は、今行うべき作業を考え、それを順番に片付けていきます。タスク管理はこれを明確にすることで抜け・漏れをなくし、さらに都度やらなくてはいけない作業を考えずに済むようにすることで、業務効率化を実現します。

スーツは、こうしたタスク管理において、「全社タスク管理」を推進しています。

全社タスク管理は、単なるタスク管理・プロジェクト管理ではなく、個人・部署・経営に至るまで、会社全体のタスクを可視化し管理するという経営管理手法です。

これにより、組織内で誰が何をしているのかわからないという状況の改善、属人的なオペレーションからの脱却、役割分担の明確化、労働生産性の向上、マネジメントサイクルの迅速化などを図り、企業価値向上を実現します。

株式会社スーツのコメント

このニュースを受けまして、株式会社スーツ 代表取締役 小松裕介氏よりコメントが届きました。

小松裕介(こまつ・ゆうすけ)
株式会社スーツ 代表取締役社長CEO
2013年3月に、新卒で入社したソーシャル・エコロジー・プロジェクト株式会社(現社名:伊豆シャボテンリゾート株式会社、東証スタンダード上場企業)の代表取締役社長に就任。同社グループを7年ぶりの黒字化に導く。2014年12月に当社の前身となる株式会社スーツ設立と同時に代表取締役に就任。2016年4月より、総務省地域力創造アドバイザー及び内閣官房地域活性化伝道師登録。2019年6月より、国土交通省PPPサポーター。2020年10月に大手YouTuberプロダクションの株式会社VAZの代表取締役社長に就任。月次黒字化を実現し、2022年1月に上場会社の子会社化を実現。2022年12月に、株式会社スーツを新設分割し、当社設立と同時に代表取締役社長CEOに就任。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

チームでかんたん、毎日続けられるプロジェクト・タスク管理ツールの経営支援クラウド「Suit UP」のシステム開発と営業体制の構築のために資金調達をいたしました。

・今後の展望を教えてください。

私たちは、日本の中小企業の労働生産性の向上を目指して、経営支援クラウド「Suit UP」の提供をしております。そのため今後、販売代理店制度を整備して、中小企業向け経営コンサルティング会社、会計事務所・社会保険労務士事務所など士業の皆様、金融機関や通信系の販売代理店を通じて、日本中の中小企業に向けて「Suit UP」の拡販をしてまいります。

・読者へのメッセージをお願いします。

日本の労働人口の7割は中小企業に集中しています。そのため中小企業向けビジネスは大きなビジネスに発展する可能性があります。ぜひとも日本経済のためにも、中小企業に対して、より良いサービスを提供できるようなビジネス開発を一緒にできればと思います。

デジタルツールの活用は業務や経営に革新をもたらします。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらも参考にしてください。

また、設備投資には資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB Suit UP スーツ スーツアップ タスク タスク管理 ツール プロジェクト管理 中小企業 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

NFTやDappの開発を通じNFTコンテンツエコシステムの構築を目指す「synschismo」が1,500万円調達
2022年5月10日、synschismo株式会社は、1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 synschismoは、NFTやDapp(分散型アプリケーション)の開発を通じNFTコンテ…
アジアのブランドを集約した越境ファッションEC「60%」を運営する「シックスティーパーセント」が4.6億円調達
2024年2月7日、株式会社シックスティーパーセントは、総額4億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 シックスティーパーセントは、アジアのブランドを集約した越境ファッションEC「60…
デザインコンサルティング会社「SEESAW」が「Relic」と資本業務提携
2022年11月29日、株式会社SEESAWは、株式会社Relicと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 SEESAWは、新規事業のUI/UXやブランディングに特化したデザインコンサルティ…
超音波認知症治療機器「LIPUS-Brain」を開発する「サウンドウェーブイノベーション」が3.5億円調達
2023年4月3日、サウンドウェーブイノベーション株式会社は、総額約3億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 サウンドウェーブイノベーションは、創業者・取締役会長で東北大学名誉教授の…
会話サマリーAI電話「ピクポン」提供の「pickupon」が8,000万円調達
2020年10月21日、pickupon株式会社は、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 会話サマリーAI電話「ピクポン」を開発・提供しています。 AIにより電話で話した内容のサ…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】