注目のスタートアップ

大手企業向けDX内製化を支援する「DNTI」と「日本創発グループ」が包括的業務提携を締結

company

2024年2月28日、株式会社DNTIは、株式会社日本創発グループと、2024年1月16日に包括的業務契約を締結したことを発表しました。

また、今回の業務提携と同時に、DN Technology&Innovation株式会社から株式会社DNTIへと社名を変更しています。

DNTIは、顧客企業に伴走しDXの内製化を支援する事業を展開しています。

共創型のプロセスを通じた社内DX人材の育成サービス、共創型でアイデアを具現化する「デジタルイノベーション工房」サービス、基幹システム(ERP)クラウド化とスマート化の3つのサービスを通じて企業を支援しています。

今回の業務提携を契機に、双方の強みを活かし、多くのシナジーを創出することで、顧客にさらなる価値提供を行っていきます。


DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、データとテクノロジーの活用によって企業・組織を根本から変革し、競争優位性を確立する施策のことです。

近年は、AI・IoT・ロボットなどの先端技術が急速に発展しており、産業界ではこれらテクノロジーを取り入れることでイノベーションを起こしたり、これまでにない業務効率化を実現したりしています。

今後もテクノロジーの発展は加速が見込まれているため、DXも企業にとって重要な戦略であり続けることが予測されます。

DXの実現には、先端技術の知識と、組織づくりの知識の双方が必要となります。

さらに大企業は基幹システムなどをカスタマイズしているケースがほとんどであり、肥大化・老朽化した基幹システムが足かせとなり、大きな変革に踏み切ることができないという課題を抱えています。

こうした状況において、大企業はDXを推進するため、DXの知見があるコンサルティング企業に支援を依頼するという行動がよく見られます。

一方、コンサルティング企業にDXを任せてしまうことで、自身でDXを進めたり改善したりすることが困難となり、継続的にコンサルティング企業に頼らざるを得なくなってしまうといった課題が新たに生まれています。

この背景のもと、近年は企業のDXの内製化を支援する各種サービスの注目が高まっています。

近年のテクノロジーの発展は、業務に革新をもたらしています。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらも参考にしてください。

また、設備投資には資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB DNTI DX ERP コンサルティング デジタルトランスフォーメーション デジタル化 伴走支援 共創 内製化 大手企業 支援 株式会社 業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AI店舗支援SaaS「口コミコム」運営の「mov」が7億円調達
2022年5月25日、株式会社movは、総額約7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 movは、AI店舗支援SaaS「口コミコム」、店舗のマーケティングノウハウを提供するデータ・ニュースサイト…
視覚認知能力の評価とトレーニングを開発する「do.Sukasu」が資金調達
2023年11月28日、Co-Studio株式会社は、子会社である株式会社do.Sukasuが、総額約4,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 do.Sukasuは、Co-Studioと…
不動産データ分析基盤「estie pro」提供の「estie」が10億円調達
2022年1月12日、株式会社estieは、総額約10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 不動産データ分析基盤「estie pro」と、賃貸オフィスマッチングサービス「estie」を提供して…
オンライン住宅ローン・サービス「モゲチェック」提供の「MFS」が6.5億円調達
2021年3月31日、株式会社MFSは、総額6億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン住宅ローン・サービス「モゲチェック」を運営しています。 過去4,000件以上の審査結果…
IT運用サービスなど展開の「アイクラフト」が与信管理業務のアウトソーシングサービスなど展開の「リスクモンスター」と資本業務提携
2022年6月20日、アイクラフト株式会社は、リスクモンスター株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 アイクラフトは、情報システム業務をまるごとアウトソーシングできる「iSTAFF…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】