注目のスタートアップ

人流データ分析プラットフォームなどを手がける「クロスロケーションズ」が「インフォネット」と資本業務提携

company

2024年2月21日、クロスロケーションズ株式会社は、株式会社インフォネットと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

クロスロケーションズは、人流データ分析プラットフォーム「Location AI Platform(LAP)」や、スマホの位置情報データを利用した広告配信サービス「Location Marketing Service(LMS)」などを提供しています。

「Location AI Platform」は、位置情報ビッグデータを独自AIで分析し、人流を見える化する分析プラットフォームです。ビジネスでの人流データ活用を実現します。

インフォネットは、企業Webサイト用に独自開発したCMSを軸に、企業のWebサイトの構築運用を手がけています。近年はオンラインコミュニケーションにおいてAI技術導入を積極的に推進しています。

今回の提携により、AI技術を軸としたオンラインとオフラインでの企業活動を促進する一貫したサービスを共同研究する予定です。


近年、GPSを搭載したスマートフォンやコネクテッドカーなどの普及により、位置情報を取得できる端末が急速に増加しています。これに伴い、位置情報ビッグデータの蓄積も進展しています。

こうした背景のもと、位置情報データのビジネス利用が注目されています。

たとえば、店舗ビジネスでは、商圏の位置情報データを分析することで、最適な出店場所の選定や需要予測が可能となります。また、バスや物流事業者などでは、車両の位置情報データを活用することで、運行ルートの最適化を実現できます。

こうした位置情報データの多様な活用は、さまざまな領域で展開されており、さらなるサービスやプロダクトの進化に寄与すると期待されています。

クロスロケーションズは、位置情報ビッグデータのAI分析を通じ、企業に置ける位置情報データ・人流データの活用を促進しています。

今回のインフォネットとの提携により、さらに企業活動を促進するサービスを共同研究するとしています。

事業の拡大には戦略的な資金調達や、シナジーの見込める企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI BtoB CMS LAP Location AI Platform インフォネット クロスロケーションズ スマホ データ分析 データ活用 ビッグデータ プラットフォーム 人流 位置情報 位置情報データ 分析 広告 株式会社 資本業務提携 配信
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

VR/AR領域のイベント企画・制作や新規事業開発支援などの「HIKKY」と「ビームス」がxR領域で業務提携
2020年11月19日、株式会社HIKKYは、株式会社ビームスは、業務提携契約を締結したことを発表しました。 HIKKYは、VR/AR領域において大型イベントの企画・制作・宣伝や、パートナー企業との合…
まちの情報アプリ「Streets」とコンテンツ編集支援サービス「apnea」を開発・運営する「ストリーツ」が5,000万円調達
2023年11月27日、ストリーツ株式会社は、総額約5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 深津貴之氏、株式会社テレビ大分、株式会社テレビ愛媛、山陰中央テレビジョン放送株式会社と業務提…
ビジネス書籍の要約コンテンツの配信サービス「flier」を運営する「フライヤー」に「三菱UFJキャピタル」が出資
2023年8月24日、三菱UFJキャピタル株式会社は、運営するファンド(三菱UFJキャピタル9号投資事業有限責任組合)より、株式会社フライヤーに対し、2023年7月31日に出資したことを発表しました。…
AI自動動画制作ツール「VIDEO BRAIN」提供スタート
平成30年9月3日、動画メディア「LeTRONC(ルトロン)」を運営するオープンエイトが、AIによる自動動画制作ツール「VIDEO BRAIN」を提供開始しました。 「VIDEO BRAIN」では、こ…
不動産の非稼働在庫を会議室・イベント・スペースなど多目的に活用する「Pit in」が3,000万円調達
2020年2月28日、Pit in株式会社は、総額約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 不動産の非稼働在庫を、分単位かつ顧客の多目的なニーズに応える“レスポンシブ・スペース”事業を…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】