注目のスタートアップ

クラウドシフト管理システム「らくしふ」などを提供する「クロスビット」が9億円調達

company

2024年1月10日、株式会社クロスビットは、総額9億502万8,100円の資金調達を実施したことを発表しました。

クロスビットは、クラウドシフト管理システム「らくしふ」や、シフトマッチ度を重視したアルバイト採用サービス「らくしふワーク」、パートアルバイトに特化したクラウド人事労務サービス「らくしふ労務管理」を開発・提供しています。

今後、これまで蓄積してきた労務管理、予実管理、人件費などのデータ・ノウハウを活用し、「採用」「教育」「評価」まで、ひとつのアプリケーション内で完結するサービスへと進化させていく計画です。

今回の資金は、新規事業開発と、既存事業の加速、ビジネスサイドの採用、M&Aに充当する予定です。

新規事業では、時給で働くシフトワーカーの給与や評価に関するサービスの開発に着手します。


シフト制は、飲食店や、コンビニ、病院などサービス関連のビジネスで採用されることが多い勤務形態です。

シフト制のメリットは、柔軟に従業員の人数などを調整できる点であり、日や時期で繁忙期・閑散期のあるビジネスでは必須ともいえる仕組みです。

一方、シフト制のデメリットとしては、シフト管理に大きな労力がかかることが挙げられます。

とくに、シフト作成に時間がかかる、公平な作成が困難、従業員のスキルを把握しなくてはならない、シフトワーカーの仕事を適正に評価する仕組みの構築が難しい、といったことが一般的な課題として挙げられます。

今後、人口減やインバウンド増加などによって人手不足が深刻化し、シフトワーカーの需要・重要性が高まると考えられます。これによって事業者におけるシフト管理の負担も増大するため、シフト管理の課題解決は喫緊の課題であるといえます。

シフト管理システムは、シフト管理業務を効率化・デジタル化することで、従来のシフト管理が抱えていた課題を解決します。

さらにクロスビットは、シフト管理業務の効率化・デジタル化だけでなく、採用・教育・評価までを完結するサービスへの成長を目指しています。

株式会社クロスビットのコメント

このニュースを受けまして、株式会社クロスビットよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

今回は、新規事業の開発と既存事業の加速、ビジネスサイドの採用、M&Aに向けて資金調達を行いました。

これまで「らくしふ」を通じて蓄積してきた労務管理、予実管理・人件費などのデータやノウハウを活用し、今後は「採用」「教育」「評価」まで、一つのアプリケーション内で完結するサービスへの進化を目指します。

時給制ワーカーの労働に対して、業務負荷などフェアに給与を還元することで定着率を高め、ひいては業績の向上につながる仕組みを構築します。また、これまで飲食店やホテルをはじめとするサービス業を中心に導入されてきたシフト管理DX「らくしふ」を、介護施設や病院など、より広い業界に向けて展開してまいります。

・今後の展望を教えてください。

クロスビットは、シフト作成、労務管理、予実管理・人件費などの可視化・最適化まで、シフト管理業務のDXを実現するサービスを提供しています。このサービスが普及することで、事業者はより質の高いサービスを提供でき、働き手は自身の能力をより発揮し、適正な評価や報酬を得ることができると考えております。

働き手の働く環境をよりよくし、お客様や働き手の家族など、「はたらく」の先にいる方々の体験価値向上にも繋げ、社会の良い循環が生めるよう取り組んでいきます。

今後もお客様との共創を通し、また弊社の強みである現場様のオペレーション解像度の高さを強みに労働力不足を根本から解決します。AIやロボットも発展する社会の中で、雇い手である企業は「人」にしか生み出せない価値を創出できる社会、働き手である個人は誰もが自分らしい働き方を選択できる社会の実現を目指してまいります。

・読者へのメッセージをお願いします。

今回の資金調達をきっかけに、既存事業の成長速度加速はもちろん、ミッションを達成するための事業領域の拡張やM&Aなどを含めた提供価値の最大化へと、皆様の期待を超えるスピードで最高のチームで邁進できればと考えております。

クライアント様も投資家の方々も、近しい領域で事業展開されているプレイヤーもクロスビット社メンバーも、全てが未来を築く仲間として各方面へ熱意を持って取り組んでまいりますので、応援していただけると幸いです。

DXを拒むもののひとつに老朽化したシステムがありますが、創業期はなにも導入されていないまっさらな状態であるため、自分の好きなようにシステムを構築できます。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

また、抜本的なシステム整備のためには資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ アルバイト クラウド クロスビット システム シフトワーカー シフト管理 データ ノウハウ パート らくしふ らくしふワーク らくしふ労務管理 予実管理 人事労務 人件費 労務管理 採用サービス 株式会社 資金調達 非正規雇用
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

植物肉「ミラクルミート」を開発・製造する「DAIZ」が「日清製粉グループ本社」と資本業務提携
2022年9月2日、DAIZ株式会社は、株式会社日清製粉グループ本社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 DAIZは、発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」を開発・製造しています。 大豆…
オンライン・スキー・レッスン「JAPAN-DEMOSKI.com」とスキーの自動撮影システム「ゲレロク」が提携
2021年1月28日、合同会社SPARK OUTLANDSは、株式会社TOSYSと業務提携を開始したことを発表しました。 SPARK OUTLANDSは、日本最高峰の講師陣によるプライベート・レッスン…
多機能・高機能の小型センサー「SIRCデバイス」を開発・製造する「SIRC」が「山陰酸素工業」から資金調達
2023年4月10日、株式会社SIRCは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、山陰酸素工業株式会社です。 多機能・高機能の小型センサー「SIRCデバイス」の開発・製造や、「SIRCデバイ…
ECプラットフォーム「Shopify」の拡張機能(Shopifyアプリ)を提供する「Appify Technologies」が5.2億円調達
2022年10月31日、株式会社Appify Technologiesは、総額5億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Appify Technologiesは、公式ECモバイルアプ…
バーチャルキャラクターとの対話型コミュニケーションサービス「cocoro:id」提供の「MOSHBIT.」が資金調達
2021年10月13日、株式会社MOSHBIT.は、資金調達を実施したことを発表しました。 バーチャルパートナーとの対話型コミュニケーションサービス「cocoro:id(ココロイド)」を提供しています…

大久保の視点

ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】