注目のスタートアップ

韓国人材に特化した採用支援サービス「KOREC」を運営する「ビーウェルインターナショナル」が1.15億円調達

company

2023年12月1日、株式会社ビーウェルインターナショナルは、総額1億1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

韓国人材に特化した採用支援サービス「KOREC」を運営しています。

エンジニア・総合職・デザイナーなど、さまざまな職種に対応しています。

韓国・ソウルの大学に囲まれたエリアに日本就職専門のフリースペースを設置し、日本就職を目指す韓国人求職者を集めています。

ダイレクトリクルーティングプラットフォームの運営や、日本企業と韓国人求職者をつなげるミートアップイベントの開催なども行っています。

今回の資金は、プラットフォームのシステム機能拡充、新たなサービスの開発、マーケティング活動、人材採用に充当します。


厚生労働省の発表によれば、2022年10月末時点での国内外国人労働者数は約182万人で、前年比約9万5,000人増加し、対前年増加率は5.5%となり、前年の0.2%から5.3ポイント増加しています。同時に、外国人を雇用する事業所数も約30万所で、前年比約1万3,000所増加しています。

この外国人労働者数は、外国人雇用状況の届出制度が義務化されて以降、最高水準を記録しています。さらに、過去数年の傾向を考慮すると、今後も外国人労働者数は増加し続けると見込まれます。

日本国内では少子高齢化が進行しており、これに伴い労働力人口の減少が見込まれます。とくに若年層の地方流出が著しい地域では、外国人労働者を活用して人手不足を解消することがますます重要となっています。

韓国人材は、韓国という隣国であるため文化的に近い、日本語と韓国語は文法が似ており言語習得のコストが低い、就職競争率が高く多言語やエンジニア知識があるなど優秀な人材が多いという特徴があります。

こうした中、ビーウェルインターナショナルは、韓国人材に特化した採用支援サービス「KOREC」を展開しています。

人材の採用は、企業の成長に直結する重要な業務です。しかし創業期は人材採用のノウハウがなく、さらに大きな投資となることが想定されることから、しっかりと準備をすることが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期における人材採用のノウハウを詳しく解説しています。

また、こちらも無料でお送りしている「資金調達手帳」では、資金調達に関する情報も提供しています。企業の成長にとっては人材も資金もどちらも重要です。最適な施策を打つには、しっかりと情報を入手することが重要です。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB サービス ダイレクトリクルーティング 人材 外国人人材 外国人材 多言語 採用 採用支援 株式会社 資金調達 韓国
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

遺伝子治療による視覚再生の早期実用化を目指す「レストアビジョン」が12.7億円調達
2023年6月5日、株式会社レストアビジョンは、総額12億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 レストアビジョンは、慶應義塾大学医学部と名古屋工業大学の共同研究成果をもとに、2016…
電動車椅子型の近距離モビリティを開発・提供する「WHILL」が資金調達
2022年5月17日、WHILL株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 WHILLは、電動車椅子型の近距離モビリティの開発・提供や、自動運転サービス/システムの提供などを展開しています。 …
医師とショコラティエが共同開発した低GIチョコレート「メディカレート」を展開する「セディカル」が6,200万円調達
2022年8月11日、セディカル株式会社は、総額6,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。 セディカルは、“食べた方が良いチョコレート”をコンセプトに、医師とショコラティエが共同開発した低…
B2C事業者のDXを支援する「UPBOND」が資金調達
2021年10月26日、株式会社UPBONDは、資金調達を実施したことを発表しました ノーコードのCRMツール「UPBOND Communication」、CIAMツール「UPBOND Identit…
オンライン商談・電話自動書き起こし解析ツール 「アンプトーク」を提供する「amptalk」が3億円調達
2023年1月25日、株式会社amptalkは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 amptalkは、オンライン商談・電話自動書き起こし解析ツール 「アンプトーク」を提供しています。 …

大久保の視点

Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】