「RevComm」が「サイボウズ」と業務提携 電話営業のDX支援パッケージ「営業支援型 kintone」を販売開始

tips

2022年6月2日、株式会社RevCommは、サイボウズ株式会社と共同で、新サービス「営業支援型 kintone」を販売開始したことを発表しました。

RevCommは、音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」を展開しています。

営業やコールセンター業務における会話を自動録音・自動文字起こしし、電話業務を効率化します。

また、会話のラリー回数、話す量・聞く量、会話のジャンル、声の高低・遅速などをAIで検出しフィードバックを行うことで、会話の可視化やセルフコーチングなどを実現しています。

サイボウズは、ノーコードで業務アプリを作成できるクラウドサービス「kintone」を展開しています。

今回販売開始した「営業支援型 kintone」は、「MiiTel」と「kintone」をワンストップで提供するものです。

これにより、顧客情報の可視化と電話業務の可視化を同時に実現できるようになります。

以前まで電話によるコミュニケーションを定量化(数値化)することは非常に難しいものでした。

音声によるコミュニケーションは、声の抑揚などの感情、会話するタイミング、会話の内容、会話量の配分など非常に複雑な要素が絡み合っています。

そのため営業やコールセンターにおける電話は、どのようなものが有効なのかわからず、また各々の経験やスキルを言語化することも難しいので属人的な業務となっていました。

しかし近年、顧客満足度を向上させることの重要性が高まったことで、営業・コールセンターの重要性が高まり、これまでの属人的な業務から脱却し、データを駆使して生産性を向上させたり、スキルを継承することが求められるようになっています。

AI技術は音声の高精度な解析を実現できるようになっており、音声コミュニケーションの可視化において広く活用されるようになっています。

RevCommの「MiiTel」は、AIによって営業・コールセンターにおける電話業務を可視化するサービスです。

新型コロナウイルス感染症の流行により、遠隔での営業の比率が高まったこともあり、電話を利用した営業は大きな注目を集めています。

今回の「kintone」との連携により顧客管理も同時に行えるため、さらに営業・コールセンターの生産性を向上させることが可能となるでしょう。

顧客満足度の向上が重要視されている中、営業・カスタマーサポートの重要性がさらに高まっています。質の高い営業・カスタマーサポートを提供するためには専用のツールやシステムの導入が有効です。「冊子版創業手帳」では、業務を効率化・最大化させるためのシステムの導入について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ AI DX MiiTel RevComm キントーン コーチング コールセンター サイボウズ ノーコード ミーテル ワンストップ 効率化 可視化 営業 文字起こし 株式会社 業務提携 自動 解析 電話 電話営業 音声
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

文書作成・活用の効率化支援SaaS「flouu」がリリース
2019年10月17日、プライズ株式会社は、「flouu(フロー)」の正式版を同日にリリースしたことを発表しました。 「flouu」は、チームの文書作成・活用の効率化を支援するSaaS型ソフトウェアで…
空飛ぶクルマの運行サービスプラットフォームを開発する「エアモビリティ」が資金調達
2022年3月9日、エアモビリティ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。引受先は、日本特殊陶業株式会社です。 エアモビリティ(=空飛ぶクルマ)を、安全・容易・安価に航行・利用するためのサー…
ビジネスAIソリューション提供の「シナモン」が13億円調達
2020年4月23日、株式会社シナモンは、総額約13億円の資金調達を実施したことを発表しました。 機械学習やディープ・ラーニングを活用したAIに関連するプロダクトを提供しています。 具体的には、非定型…
猫向けIoTトイレ「toletta」提供の「ハチたま」が2億円超調達
2019年12月25日、株式会社ハチたまは、総額2億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 スマートねこトイレ「toletta(トレッタ)」を開発・提供しています。 自動で猫の健康データを取得し…
調剤薬局向け次世代電子薬歴システム「Musubi」提供の「カケハシ」が18億円調達
2020年10月12日、株式会社カケハシは、総額約18億円の資金調達を実施したことを発表しました。 調剤薬局向け次世代電子薬歴システム「Musubi(ムスビ)」や、おくすり連絡帳アプリ「Pocket …

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ