シフト管理SaaSサービス「らくしふ」運営の「クロスビット」が2億円調達

2020年9月28日、株式会社クロスビットは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。

シフト管理SaaSサービス「らくしふ」を運営しています。

LINEを使い、シフト管理の効率化と従業員の最適配置により、利益を最大化するシフト管理ツールです。

今後、企業のシフト管理の効率化だけではなく、AIを用いた需要予測と最適労働力配置により、企業のさらなる利益向上を実現するサービス開発に取り組んでいくようです。

シフト管理を適切に行うことで、業務効率や生産性の向上が図れます。しかし、シフトの作成は、従業員の希望を把握したり、予定がギリギリまで分からなかったり、従業員数が多くなると人員配置が難しくなるなど、非常に負担のある業務となっています。

今後、労働人口の減少や、働き方改革により、フレキシブルな働き方を選択する人々が増えてくると考えられます。そのため、生産性の向上には、シフト管理などのリソース・マネジメントが重要となってくるでしょう。

優秀な人材は企業の成長に欠かせません。「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用のノウハウについて詳しく解説しています。創業期における採用は大きな投資となります。しっかりと準備をして臨むとよいでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ SaaS クロスビット サービス シフト管理 ツール らくしふ 効率化 株式会社 管理 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ