注目のスタートアップ

ワインEC事業やワイン管理・投資のオンラインプラットフォームなどを手がける「WineBank」が1.5億円調達

company

2023年11月8日、株式会社WineBankは、1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、マネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社が運営管理するHIRAC FUND2号投資事業有限責任組合です。

WineBankは、ワインEC・サブスクリプション事業、レストラン・ワインカーヴ事業、WineTech事業を展開しています。

ワインEC・サブスクリプション事業では、国内大手インポーターからの仕入れと自社海外直輸入の仕入れ力を活かし、「青山ワインマーケット」としてECモールへの出店を行うほか、自社サービスとしてワインのサブスクリプションサービスを展開しています。

レストラン・ワインカーヴ事業では、東京六本木でワインバー「Wine Cave Roppongi」を、北海道札幌赤レンガテラスでフレンチレストラン「ラ・ブリック」を運営しています。

WinTech事業では、希少価値の高い高級ワインに投資し、アプリケーションで管理・売買できるワイン投資サービス「WineBank」を提供しています。

「WineBank」は、オンライン完結で希少価値の高いワインの購入・管理・売却を行えるサービスです。ポートフォリオ内のワインはユーザーに所有権があるため、売買だけでなく、実際に取り寄せて飲むことも可能です。

今後、ユーザーが自宅で保有している高級ワインもアプリ上で管理可能(クラウドセラー化)とすることで取扱量を増加させ、高級ワインの売買プラットフォームへの成長を目指します。

さらに飲食店向けにも事業展開を予定しており、オフラインでのタッチポイントを創出する計画です。

今回の資金は、WineTech事業の強化に充当します。


国税庁が公表している「酒のしおり(令和5年6月)」によると、成人1人あたりの酒類消費数量は1992年前後をピークに減少傾向にあります。ピーク時には101.8リットルあった消費量は、2020年には75リットルへと大幅に減少しています。

一方でワインの消費数量は増加傾向にあります。2019年のワイン消費数量は、10年前の2009年と比較すると約1.5倍の拡大、さらに1989年と比較すると3倍以上に拡大しています。

また、ワインは希少価値の高いものが資産家の間でコレクションされるなど、資産としての立ち位置も確立しています。

WineBankは、日本では所有するワインをオンラインで管理するためのサービスがないこと、ワインに特化した開かれた二次流通マーケットがないことに着目し、アプリで管理・売買できるワイン投資サービス「WineBank」を展開しています。

企業の成長には戦略的な資金調達や、シナジーの見込める企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、融資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EC WineBank WineTech アルコール オルタナティブ資産 オンライン サブスクリプション レストラン ワイン ワインカーヴ 嗜好品 売買 投資 株式会社 管理 販売 資金調達 青山ワインマーケット
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

コミュニティ型シェア・サロン運営の「GO TODAY SHAiRE SALON」が2.6億円調達
2019年8月22日、株式会社GO TODAY SHAiRE SALONは、総額約2億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 フリーランスの美容師や、チーム向けのコミュニティ型シェア・…
学習の習慣化プラットフォーム「Smart Habit」開発・運営の「WizWe」が資金調達
2020年6月11日、株式会社WizWeは、日本政策金融公庫より、特別融資制度「新事業育成資金」が適用されたことを発表しました。 学習の習慣化プラットフォーム「Smart Habit(スマートハビット…
レア・メタルを使用しない次世代電池用高性能触媒開発の「AZUL Energy」が6,000万円調達
2020年3月30日、AZUL Energy株式会社は、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代バッテリーとして期待される金属空気電池や、燃料電池に不可欠な高活性の非白金系酸…
ARクラウドプラットフォーム「Pretia」を開発・提供する「プレティア・テクノロジーズ」が7億円調達
2022年8月4日、プレティア・テクノロジーズ株式会社は、総額約7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 プレティア・テクノロジーズは、ARクラウドプラットフォーム「Pretia」を開発・提供し…
分散型コンピューティングパワー(計算力)を提供する「モルゲンロット」が「三菱商事」と資本業務提携
2022年5月20日、モルゲンロット株式会社は、三菱商事株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 モルゲンロットは、分散処理コア技術「Excalibur」を中核としたソフトウェア開発…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】