注目のスタートアップ

三井物産の新会社「ドットミー」が「博報堂」から資金調達

company

2022年11月24日、株式会社ドットミーは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社博報堂です。

また、博報堂および三井物産株式会社と3社で業務提携契約を締結しています。

ドットミーは、2021年7月に三井物産株式会社と株式会社プレイドが共同で設立した企業です。

データを活用した顧客中心のものづくりを展開しており、ウェルビーイングブランド「Cycle.me(サイクルミー)」や、味の素株式会社との共同開発ブランド「粥粥好日(カユカユコウジツ)」(テストローンチ済)などを展開しています。

今回の博報堂・三井物産との提携により、ドットミーの知見に、博報堂が持つ生活者データやノウハウと、三井物産が持つ幅広い流通サプライチェーンをかけ合わせ、生活者に必要とされる商品開発・ブランドづくりを追求します。

D2C(Direct to Consumer)とは、自社で企画・製造した商品を、自社ECなどを利用し直接ユーザーに販売するビジネスモデルのことです。

アメリカを中心に広まったこのモデルは国内でも注目が高まり、さまざまなスタートアップが誕生し成長しています。

D2Cは、不要なコストや中間マージンを削減することができるため、高品質な商品を比較的安価に提供できるという特徴があります。

さらにユーザーとの距離が近く、顧客の声や顧客データを活用した商品開発をスピーディに実行できることから、既存のものづくりの手法を凌駕する成果を出すブランドも登場しています。

この手法はスタートアップだけでなく大企業・大手ブランドにも注目され、D2Cに取り組む大企業も登場しています。

とはいえD2Cは小規模なスケールだからこそ成立する面があるため、大企業では新たに企業を立ち上げ、フットワークを軽くした上でD2Cブランドを展開するという方法をとる事例が目立ちます。

D2Cビジネスは、顧客の声を直接聞くことができ、即座にプロダクトに反映できることが大きな魅力です。また、SNSなどインターネットを使ったマーケティングとも相性が良いといわれています。「冊子版創業手帳」では、創業期でも実施できるネットを活用したマーケティングのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Cycle.me D2C ウェルビーイング サイクルミー データ ドットミー ブランド ものづくり 三井物産 共同開発 博報堂 株式会社 粥粥好日 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

保育業界向けのタレントマネジメントツール「KatagrMa」提供の「カタグルマ」が資金調達
2021年9月24日、株式会社カタグルマは、資金調達を実施したことを発表しました。 保育業界向けのタレントマネジメントツール「KatagrMa(カタグルマ)」を提供しています。 保育施設の施設・人材マ…
「凸版印刷」とデジタル教材プラットフォーム提供の「Libry」が資本業務提携 学習システム事業で提携
凸版印刷株式会社は、株式会社Libryと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 Libryは、個別最適化学習を実現するデジタル教材プラットフォーム「Libry(リブリー)」を開発・運営してい…
酪農・畜産向けIoTソリューション提供の「ファームノートHD」が資金調達
2020年1月15日、株式会社ファームノートホールディングスは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、オイシックス・ラ・大地株式会社が設立したフードイノベーション領域に特化したCVCファン…
過熱水蒸気技術を用いた食品乾燥装置「過熱蒸煎機」を開発・販売する「ASTRA FOOD PLAN」が資金調達
2022年5月31日、ASTRA FOOD PLAN株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ASTRA FOOD PLANは、過熱水蒸気技術を用いた食品乾燥装置「過熱蒸煎機」を開発・販売し…
アフリカの農村に無線ネットワークインフラを安価・短期間に構築することを目指す「Dots for」が4,800万円調達
2022年9月21日、株式会社Dots forは、総額4,800万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Dots forは、無線技術「メッシュネットワーク技術」を活用し、アフリカの農村に無線ネッ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ