注目のスタートアップ

ECプラットフォーム「ecforce」を提供する「SUPER STUDIO」が14億円調達 オフライン市場進出に向けて始動

company

2023年10月17日、株式会社SUPER STUDIOは、総額約14億円の資金調達を実施したことを発表しました。

SUPER STUDIOは、ECプラットフォーム「ecforce(イーシーフォース)」や、マーケティングからサプライチェーン構築までEC運営のすべてを支援するコンサルティングサービス「ecforce consulting」、サプライチェーンに特化した支援サービス「ecforce supplychain」などを展開しています。

「ecforce」は、マーケティングからサプライチェーンまでコト・モノに関わるすべての人びとの顧客体験を最大化するECプラットフォームです。

データドリブンなEC運用を実現し、業務効率化や、運営の最適化、消費者の利便性向上につながる機能を提供しています。

今まではEC・オンラインを基軸としたプロダクト開発・提供を行ってきましたが、今後はオフライン市場を視野に入れ、統合コマースプラットフォーム「ecforce」として、あらゆるビジネスの価値最大化に向けたプロダクト開発・提供を進めていきます。

その足がかりとして、2023年10月17日から、店舗運営やオンラインサービスなどを提供する事業者に向け、次世代型店舗予約・顧客管理システム「ecforce check」の提供を開始します。


経済産業省「令和4年度デジタル取引環境整備事業(電子商取引に関する市場調査)」によると、2022年のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、22.7兆円(前年20.7兆円、前々年19.3兆円、前年比9.91%増)へと拡大しています。

2013年の市場規模は約11.2兆円だったため、およそ10年で倍増したことになります。

そして、すべての商取引金額(商取引市場規模)に対する、電子商取引市場規模の割合であるEC化率についても、BtoC-ECで9.13%(前年比0.35ポイント増)と順調に成長しています。

さらにこのEC化率は、世界のEC化率と比べると低い水準にあることから、まだまだ成長の余地があると考えられています。

こうしたEC市場の成長により、EC参入を図る事業者が増加しています。

一方、EC事業は複雑な業務やデジタルマーケティングなどが必要となることから、適切に成長させられないという課題を抱える事業者が多いことが課題のひとつです。

SUPER STUDIOは、こうしたEC事業者に向け、ECプラットフォーム「ecforce」を提供し、EC事業を支援しています。

ECはコロナ禍において販路開拓や販路拡大のための重要なチャネルとなりました。一方でECにはEC独自の集客ノウハウが存在します。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、ネット通販のはじめ方や、ネットでの集客ノウハウについて詳しく解説しています。

また、新たな事業に参入するには資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB D2C EC ecforce ecforce check ecforce teams ECプラットフォーム SUPER STUDIO イーシーフォース オフライン オンラインショップ コンサルティング データ ネットショップ ビジネス マーケティング 一元管理 予約管理 事業 株式会社 資金調達 顧客管理
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

プロセスシミュレーター「assimee」などを手がける「ビットクォーク」が1.8億円調達
2024年3月6日、ビットクォーク株式会社は、総額1億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ビットクォークは、プロセスシミュレーター「assimee」や、デジタルツイン事業、ソリュー…
事業のスケールアップを総合支援するプラットフォームを展開する「Scalehack」と「CrossBorder」が業務提携
2023年8月23日、株式会社Scalehackは、CrossBorder株式会社と業務提携を締結したことを発表しました。 Scalehackは、事業のスケールアップを総合支援するプラットフォーム「S…
建設・土木の生産支援クラウド提供の「フォトラクション」が「ランドデータバンク」提供の建設業界向け金融サービスと連携開始
2020年12月15日、株式会社フォトラクションは、株式会社ランドデータバンクと連携することを発表しました。 フォトラクションは、建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction(フォトラクショ…
完全自動運転車を開発する「TURING」が10億円調達
2022年7月13日、TURING株式会社は、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 TURINGは、完全自動運転車(自動運転レベル5)を開発しています。 2022年7月時点では、自動運…
吸水ショーツなどを展開するフェムテックブランド「Nagi」運営の「BLAST」が1.5億円調達
2022年2月9日、株式会社BLASTは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 吸水ショーツなどを展開するフェムテックブランド「Nagi(ナギ)」を運営しています。 吸水・防…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】