注目のスタートアップ

腸内細菌叢バンクの構築・腸内細菌叢移植(FMT)の社会実装・マイクロバイオーム創薬を推進する「メタジェンセラピューティクス」が6億円調達

company

2023年6月15日、メタジェンセラピューティクス株式会社は、総額6億円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、直近では2023年4月5日に総額11億円の調達を発表しており、シリーズA総額で17億円の資金調達を完了しています。

メタジェンセラピューティクスは、腸内細菌叢バンクの構築により、腸内細菌叢移植(FMT)の社会実装と、マイクロバイオーム創薬を推進しています。

マイクロバイオーム創薬は、腸内細菌叢に対する基礎研究から導き出された作用機序や、腸内細菌そのものをターゲットとした医薬品開発です。

メタジェンセラピューティクスは、腸内細菌叢移植を起点とした独自のマイクロバイオーム創薬に取り組んでいます。腸内細菌叢移植を活用した臨床研究によってあらかじめ安全性・有効性を確認し、薬効成分を絞り込むことで、開発の成功率を高めることと短期間での医薬品開発を可能とします。

今回の資金は、腸内細菌叢バンクの構築・運用や、腸内細菌創薬プログラムの研究開発の加速に充当します。


腸内細菌叢とは腸に住む細菌の群れのことであり、腸内フローラとも呼ばれています。

腸内細菌叢のバランスは、潰瘍性大腸炎やクローン病などの難病、糖尿病、肥満などの生活習慣病、アレルギー疾患、精神疾患、便秘症、過敏性腸症候群など、さまざまな疾患に関わっていることが近年の研究で明らかにされつつあります。

そのため、腸内細菌叢をコントロールすることで、疾患を改善・治療できると考えられました。その方法のひとつである腸内細菌叢移植(Fecal Microbiota Transplantation:FMT)は、健康な人の便に含まれている腸内細菌を移植することで、潰瘍性大腸炎やクローン病などの疾患を改善・治療するものです。

すでにFMTはさまざまな疾患の治療法として諸外国で実施されており、従来の治療法よりも高い効果が得られることなどから、広く普及する可能性がある医療としても期待されています。

日本では2023年4月に、難病の潰瘍性大腸炎の患者を対象に、公的な保険が適用される治療と併用できる先進医療として初めてとなる移植が行われました。

FMTの普及のためには、腸内細菌叢を必要とする患者と、腸内細菌叢を提供するドナーをつなぐ腸内細菌叢バンクが必要となります。メタジェンセラピューティクスは、腸内細菌叢バンクの構築によるFMTの実装を目指すとともに、マイクロバイオーム医薬品の開発を目指しています。

研究開発型のビジネスでは戦略的な資金調達が非常に重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ FMT マイクロバイオーム創薬 メタジェンセラピューティクス リバーストランスレーショナルリサーチ 創薬 医療 医薬品 株式会社 研究開発 腸内フローラ 腸内細菌 腸内細菌叢 腸内細菌叢バンク 腸内細菌叢移植 臨床研究 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

映画の企画・制作・宣伝・配給などを展開する「チームジョイ」が「ブシロード」と資本業務提携
2022年4月25日、チームジョイ株式会社は、株式会社ブシロードから資金調達を実施し、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 チームジョイは、映画の企画・制作・宣伝・配給や、IPの開発・管理・…
保護犬猫マッチングサイト「OMUSUBI」やフレッシュペットフード「PETOKOTO FOODS」などを展開する「PETOKOTO」と「JR東日本スタートアップ」が資本業務提携
2023年3月15日、株式会社PETOKOTOは、JR東日本スタートアップ株式会社と、資本業務提携することに合意したことを発表しました。 PETOKOTOは、フレッシュペットフード「PETOKOTO …
腸内フローラ検査の「サイキンソー」が1.9億円調達
2019年10月31日、株式会社サイキンソーは、総額1億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 人体の腸内細菌叢のDNA解析により、健康状態や生活習慣レベルを検査し、セルフケアに貢献す…
「ギグベース」が資金調達 タレント採用プラットフォーム「gigbase」の正式版を公開
2022年7月28日、ギグベース株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「gigbase」の正式版を公開したことも併せて発表しています。 「gigbase」は、オールインワンのタレン…
オンライン診療サービス「curon」などを手がける「MICIN」が40.5億円調達
2023年10月5日、株式会社MICINは、総額40億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 MICINは、オンライン診療サービス「curon(クロン)」や、薬局向けサービス「curo…

大久保の視点

優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】