「LRM」がISMS新規格・ISO/IEC 27001:2022に対応するための「受講型コンサルティング」を提供開始

tips

2023年3月14日、LRM株式会社は、新サービス「受講型コンサルティング」の提供を開始したことを発表しました。

新サービス「受講型コンサルティング」は、ISO/IEC27001:2022の概要や、その改訂内容を踏まえた対応事項について、経験豊富なコンサルタントが講座形式で指導・解説するコンサルティングサービスです。

受講する企業・担当者は自身で自社のISMS文書を修正する(自らの手を動かす)ため、一般的なコンサルティングよりも低価格となっています。


2022年10月25日、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の適用規格であるISO/IEC27001:2013の改訂版であるISO/IEC27001:2022が発行されました。

従来のISO/IEC27001:2013は2025年10月31日で失効するため、必要とする企業はISO/IEC27001:2022に対応し審査を受ける必要があります。

ISMSとは、情報に関する安全対策を策定し、それを運用し、情報漏洩などのインシデント発生を低減させる仕組みのことです。

近年、デジタル化に伴い多くの組織ではこれまでとは比べ物にはならない量・種類のデータが日々蓄積されるようになっています。

こうしたデータが流出してしまうと、企業に金銭的な損害を与えてしまうばかりか、顧客の信頼を大きく失ってしまうこともあります。そのためしっかりと情報セキュリティ対策を実行することが重要です。

ISO/IEC27001は、ISMSに関するISO規格です。組織内における情報の機密性・完全性・可用性、いわゆる情報セキュリティの3要素を確保することを目的としています。

企業経営ではさまざまな悪意にさらされることがあります。企業に損害を与える行為も多いため、被害を防ぐためにも対策を行わなくてはなりません。とくにセキュリティ関連は、顧客や社会にも大きな損害を与えてしまうため、創業期からきちんと対策する必要があります。「冊子版創業手帳」では、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期に実施できるセキュリティ対策について詳しく伺っています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ ISMS ISO/IEC27001:2013 ISO/IEC27001:2022 ISO27001 LRM コンサルタント コンサルティング システム マネジメント 受講型コンサルティング 情報セキュリティ 情報セキュリティマネジメントシステム 指導 株式会社 講座
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スマートフォンから注文できるスクールランチサービス提供の「PECOFREE」が資金調達
2021年9月6日、株式会社PECOFREEは、資金調達を実施したことを発表しました。 学校で食べる食事をスマートフォンから予約注文できるサービス「PECOFREE」を開発・運営しています。 毎日、栄…
不動産の原状回復工事に特化したサービス「リモデラ原状回復」を提供する「REMODELA」が1.5億円調達
2022年8月26日、REMODELA株式会社は、総額約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 REMODELAは、不動産の原状回復工事に特化したサービス「リモデラ原状回復」、内装…
子連れにいい場所がわかる地図アプリを手がける「iiba」が資金調達
2024年1月30日、株式会社iibaは、資金調達を実施したことを発表しました。 iibaは、子連れにいい場所がわかる地図アプリ「iiba」を開発・提供しています。 遊び場・飲食店・授乳室・トイレなど…
宿泊業のDXを実現するシステム「aipass for hotels」などを提供する「aipass」が2.5億円調達
2022年4月20日、aipass株式会社は、総額2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 aipassは、宿泊業のDXを実現するシステム「aipass for hotels」(旧:…
AIによる電力分析技術を活用した電力見える化やエネルギー最適制御などのソリューションを展開する「インフォメティス」が5億円調達
2023年6月19日、インフォメティス株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 インフォメティスは、AIよる電力分析技術(家電分離推定技術)や、この技術によって得られるデータをも…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】