注目のスタートアップ

ラグジュアリーファッションのシェアリングプラットフォームを展開する「HIVE Collective」が1.2億円調達

company

2022年11月16日、株式会社HIVE Collectiveは、総額約1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

HIVE Collectiveは、ラグジュアリーファッションのシェアリングプラットフォーム「HIVE Collective」を展開しています。

ラグジュアリーブランドの洋服・バッグ・靴などのファッションアイテムを会員同士で貸し借りできるプラットフォームです。

貸し手は現品を預けることで貸出ごとに収益を得ることが可能です。商品の登録作業や、発送手続き、借り手とのやり取りはすべてHIVEが代行します。

借り手は借りたい期間を選択しファッションアイテムを借りることが可能です。ブランド物のファッションアイテムを定価の5から10%で利用できます。

2022年11月現在、約400点のアイテムを取り扱っています。

今回の資金は、機能拡充や、出品数増加を目的としたマーケティングなど、正式サービスのリリースに向けた準備に充当します。

SDGsの推進により、消費者の間でモノの利用において持続可能な仕組みを求める声や、そのサービスを利用する人が増加しています。

たとえば、個人間でモノ・場所・スキルなどを貸し借りするシェアリングエコノミーは、お得に利用できる、これまで活用されていなかったもので収益を得られる、得意なことを役立てられるなどのメリットがあり、市場が拡大しています。

ところで、ファッション業界ではファストファッションの台頭により大量生産・大量消費のビジネスモデルが強い影響力を持っています。

しかしこのファストファッションは、余剰在庫の問題、大量の水の使用・マイクロプラスチックの排出などの環境問題、生産工程における過酷な労働の問題などさまざまな問題を抱えており、国際的に批難されています。

こうした状況の中、ファッション業界ではファストファッションから脱却し、良い製品を長く使うという考え方が注目されてきています。

HIVE Collectiveは、このファッション業界において、高品質なブランド品を貸し借りできるプラットフォームを整備することで、多くの人に良い製品を安価に利用できる世界を実現することを目指しています。

SDGsによって消費者の意識が変わっているため、以前までとは違った市場が登場しています。いくつもブルーオーシャンがあると考えられるため、市場を分析することが重要です。「冊子版創業手帳」では、自社の強み・弱み、市場の機会・脅威を分析するフレームワークを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ アパレル シェアリング シェアリング・エコノミー シェアリング・サービス シェアリング・プラットフォーム ファッション ファッションアイテム ブランド 株式会社 貸し借り 資金調達 高級品
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ガバナンス・リスク・コンプライアンス管理ソリューション提供の「GRCS」が1.6億円調達
2019年12月3日、株式会社GRCSは、総額1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 GRC(ガバナンス・リスク管理・コンプライアンス)領域の課題を解決するソリューションを提供して…
半導体検査装置の検査時間短縮を実現する“電子ビーム生成装置”を提供する「Photo electron Soul」が6.2億円調達
2020年7月17日、株式会社Photo electron Soulは、総額6億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 名古屋大学発ベンチャーで、独自の革新的な電子ビーム技術を核に開発…
「カスタメディア」食器のシェアリング・サービス「EPOCH TABLE」をリリース
石塚硝子株式会社は、「EPOCH TABLE(エポック テーブル)」を2020年7月1日にリリースしたことを発表しました。 「EPOCH TABLE」は、国内食器メーカー初の食器(テーブル・ウェア)の…
パーソナル・ドクター・サービス提供の「ウェルネス」が3,500万円調達
2019年10月23日、株式会社ウェルネスは、総額約3,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、パーソナル・ドクター・サービス「Wellness(ウェルネス)」のβ版を同日から提供開…
建築コンサルティング会社の「ナック」がメタバースを活用した住宅展示場を開発する「ARKLET」に出資
2022年9月7日、株式会社ナックは、株式会社ARKLETに対し、第三者割当増資を引き受け、出資したことを発表しました。 ARKLETは、仮想空間内の住宅内覧システム「Vuildee」を開発しています…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ