注目のスタートアップ

ブロックチェーンゲームを開発する「TOKYO CREATION」が資金調達

company

2022年11月25日、株式会社TOKYO CREATIONは、資金調達を実施したことを発表しました。

TOKYO CREATIONは、ブロックチェーンを利用したTPSゲーム『Sector Seven』を開発・提供しています。

ゲーム参加時に参加料を暗号資産(仮想通貨)で支払い、フィールドにいる敵ユーザーを倒すごとに報酬が得られるブロックチェーンゲームです。

2022年11月10日に、ベトナム・ハノイでβ版のローンチと大型トーナメントを実施しました。

ソーシャルゲームやビデオゲームでは、ゲームをプレイすることでゲーム内の通貨を稼いだり、それによってゲーム内アイテムなどを購入したりできます。

また、ソーシャルゲームでは現実の通貨を利用してガチャを引いてアイテムを獲得しますが、一方でそれを現実の通貨に戻す、つまりアイテムを売って現実の通貨を獲得することはできません。

これはゲームにおいては不正などを完璧に防ぐことはできず、さらにゲーム内において入手したアイテムなどはゲームのサービス終了などによってデータが消失してしまうことから、ゲーム内のアイテムのモノとしての価値を担保できないためです。

しかしブロックチェーンはこの課題を解決するため、今後主にソーシャルゲームにおいて普及していくのではないかと考えられています。

ブロックチェーンを利用したゲーム(ブロックチェーンゲーム)では、ゲームをプレイすることでゲーム内でアイテムを獲得し、それを売って暗号資産を得ることができます。これをPlay to Earn(遊んで稼ぐ)といいます。

TOKYO CREATIONの『Sector Seven』は、TPS(サードパーソンシューティング)と呼ばれるジャンルのブロックチェーンゲームです。

TPSとは三人称視点のシューティングゲーム(銃などを撃つゲーム)のことで、eスポーツやオンラインゲームではメジャーなジャンルです。

『Sector Seven』は、プレイするために暗号資産が必要で、そして敵を倒すことで暗号資産を得られるという仕組みを採用しており、これをKill to Earn(倒して稼ぐ)と呼びます。

ブロックチェーンの領域では、さまざまな「X to Earn」系のユニークなサービスが登場しており、今後どのサービスが成長し、生き残っていくのか注目が必要です。

新たなビジネスの創出には資金が重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Kill to Earn Play to Earn Sector Seven TOKYO CREATION TPS エンターテインメント ゲーム シューター シューティングゲーム ビデオゲーム ブロックチェーン ブロックチェーンゲーム 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

介護施設向け医療相談・夜間オンコール代行サービス提供の「ドクターメイト」が10億円調達
2022年5月23日、ドクターメイト株式会社は、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ドクターメイトは、オンラインでの医療相談サービスと夜間オンコール代行サービスを組み合わせた、介護施…
暗号資産取引所「bitbank」運営の「ビットバンク」が75億円調達
2021年9月2日、ビットバンク株式会社は、総額約75億円の資金調達を実施したことを発表しました。 暗号資産取引所「bitbank」を運営しています。 引受先の株式会社ミクシィとは資本業務提携契約を締…
マニュアル・ナレッジ管理アプリ「toaster team」運営の「noco」が1.3億円調達
2022年2月21日、noco株式会社は、総額1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 マニュアル・ナレッジ管理アプリ「toaster team(トースターチーム)」を運営しています…
自動車アフター業界のオンライン・プラットフォーム構築を目指す「MiddleField」が3.4億円調達
2020年5月27日、MiddleField株式会社は、総額3億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 中古車・カー用品の購入や、自動車保険やカーローンの契約、車検・整備までをワンスト…
感覚過敏の啓蒙活動や企画開発・研究の「感覚過敏研究所」展開などの「クリスタルロード」が1,700万円調達
2021年7月15日、株式会社クリスタルロードは、総額1,700万円の資金調達を実施したことを発表しました。 2018年12月に、加藤路瑛氏が12歳で創業したスタートアップです。 感覚過敏の課題解決の…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ