注目のスタートアップ

農業用ドローンを展開する「ナイルワークス」が資金調達

company

2023年1月23日、株式会社ナイルワークスは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、ヤマハ発動機株式会社、および、住友商事株式会社です。

ナイルワークスは、農業用ドローン「Nile-T20」、農業プラットフォーム「NileBank」を展開しています。

「Nile-T20」は、作物上空30〜50cmから、自動飛行で薬剤散布を行うドローンです。また搭載したカメラにより作物の近接画像のセンシングも行います。

「NileBank」は、圃場マップをベースとしてさまざまなデータ(空撮画像・センサーデータ・衛星データ・気象情報・作付品種・土壌など)を一元管理できる農業プラットフォームです。

特別な操縦スキル不要で、誰でも同じ精度での飛行が可能な完全自動のドローンの飛行技術と、カメラによって生物の育成をリアルタイムで診断し、診断結果にもとづいた栽培管理を提案する技術を強みとしています。

今回の資金は、農業用ドローンの機体設計、クラウドデータサービスの開発基盤、販売体制のさらなる強化に充当します。

現在、ヤマハ発動機から提供された機体をベースに完全自動運転機能を追加した次期機体「Nile-JZ」を開発しています。


国内の農業は、少子化や後継者不足による人手不足、高齢化による生産性低下、中山間地区が多いことによる過酷な環境、近年の気候変動など、さまざまな課題を抱えています。

農業ではこれらの課題を解決するため、テクノロジーを活用し、業務効率化や、省人化、農業の高度化を実現することが求められています。

この農業×テクノロジーの領域をアグリテック(AgriTech)といいます。

アグリテックでは、ドローンを活用した農薬の散布や農場の状態把握、センサーを活用した畑の管理などが実現されています。

また、テクノロジーに詳しくない、上手く使いこなせないという農業経営者は多いため、高度でありながらも容易に使いこなせるサービス・技術には高いニーズがあります。

ナイルワークスのドローンは、完全自動で飛行し農薬散布と農作物の近接画像取得を行うものであり、多くの農業経営者が活用できることを特徴としています。

ドローンの開発では潤沢な資金や実験に協力してくれるパートナーなどが重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Agritech NileBank データ ドローン ナイルワークス 圃場 地図 株式会社 資金調達 農業 農業用ドローン
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

産業用小型ドローン開発の「Liberaware」が資金調達
2019年9月11日、株式会社Liberawareは、資金調達を実施したことを発表しました。 狭小空間の点検・警備・計測を行う産業用小型ドローン「IBIS(アイビス)」の開発・運営を行っています。 ま…
「アイドマ・ホールディングス」とLINEを活用したフルファネルマーケティングを支援する「DOTZ」が資本業務提携
2022年10月14日、株式会社アイドマ・ホールディングスは、DOTZ株式会社と、資本業務提携することを決定したことを発表しました。 DOTZは、LINE公式アカウントを活用したフルファネルマーケティ…
夜間・休日の臨時往診バックアップサービス「ON CALL」を提供する「on call」が資金調達へ
2022年10月31日、株式会社on callは、資金調達とブランドロゴの刷新を実施することを決定したことを発表しました。 on callは、在宅医療クリニックに特化した夜間・休日の臨時往診バックアッ…
AIデバイス設計サービス「TAI Compiler」開発の「Tokyo Artisan Intelligence」が8,600万円調達
2021年2月24日、Tokyo Artisan Intelligence株式会社は、総額8,600万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エッジ・デジバイスにAIのの学習を含めて簡単に実装でき…
ブランドコスメをお得に購入できる会員限定通販サイト「Pantrii」運営の「Parchie」が1.2億円調達
2022年10月6日、株式会社Parchieは、総額約1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Parchieは、ブランドコスメをお得に購入できる会員制通販サイト「Pantrii(パ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ