注目のスタートアップ

AI肌診断アプリ「HADABON」を開発・提供する「AquaAge」が資金調達

company

2023年1月24日、AquaAge株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

スマートフォンで顔写真を撮ることで、AIによる肌診断ができるアプリ「HADABON」を開発・提供しています。

6秒で、水分量・シミ・シワ・くま・キメ・毛穴・ニキビ・黒ずみの8項目での肌状態を確認できます。

また、日々のチェックは記録されていき、肌の状態の変化を月単位のグラフで確認することも可能です。

2022年6月からβ版を提供しています。

今回の資金は、「HADABON」の開発強化や、美容皮膚科医院や化粧品メーカーが利用できる肌分析AIのAPI提供、ドクターズコスメの販売プラットフォームの開発のための開発体制の強化に充当します。


肌質は人それぞれ異なり、肌質にあったスキンケアやメイクをしなければ、肌質を守ったり改善したりすることはできません。

しかし、肌質は個人の知識では判断しにくい部分が多いことから、肌診断サービスが求められています。

たとえば、美容皮膚科やスキンケアに力を入れる皮膚科には、肌の状態を分析できる専用の機械である肌診断器が導入されているほか、百貨店やドラッグストアでも簡易的な肌診断器などにより肌診断を実施してくれるところがあります。

一方、こうした場所での肌診断は頻繁に行うことができないという課題があります。

肌の状態はスキンケアや体調によって日々変化するものであるため、その変化を正確に記録することも重要です。

「HADABON」は、スマートフォンに搭載されたカメラで自分の顔を撮影することで、AIによって肌診断を行うアプリです。

手持ちのスマートフォンで利用できるという手軽さと、日々の肌の変化を記録できるという点を特徴としています。

自宅で手軽に肌診断ができる世界が実現されれば、自分に合ったスキンケア用品・化粧品を選ぶことができ、ネット経由でも購入する人が増加することが予測されます。

事業の拡大のためには戦略的な資金調達が重要です。シリーズ発行累計200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI AquaAge HADABON アプリ スキンケア ビューティー ヘルスケア 株式会社 皮膚 美容 肌診断 診断 資金調達 非接触
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

自動運転技術を開発する「ティアフォー」がGIF基金採択・資金調達 400億円規模の開発を推進
2022年7月19日、株式会社ティアフォーは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の「グリーンイノベーション基金事業(GI基金)」の自動運転ソフトウェアに関する研究開発項目に採択されたこ…
短編映画(ショートフィルム)配信サービス「SAMANSA」を運営する「Samantha」が4,000万円調達
2022年7月4日、株式会社Samanthaは、総額約4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Samanthaは、短編映画(ショートフィルム)配信サービス「SAMANSA」を運営してい…
農産物の流通現場向けSaaS「bando」運営の「kikitori」が5,000万円調達
2020年5月1日、株式会社kikitoriは、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 農業流通特化型SaaS「bando」を運営しています。 電話・FAXなどアナログなコミュニケ…
訪日外国人向けの情報検索やガイドマッチングを提供するプラットフォーム「WOW U」など運営の「EXest」が資金調達
2022年1月19日、EXest株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 以下のサービスを展開しています。 ・訪日外国人向けの情報検索やガイドマッチングを提供するプラットフォーム「WOW U…
成長企業向け法人カード提供の「UPSIDER」が資金調達
2022年7月13日、株式会社UPSIDERは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、みずほキャピタルと、SMBCベンチャーキャピタルです。既存株主である三菱UFJキャピタルとあわせ、国内…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ