注目のスタートアップ

「ポック」が3,300万円調達 中小事業者向けサステナブルパッケージ制作サービス「POC」提供開始

company

2023年1月23日、株式会社ポックは、総額3,300万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、中小事業者向けサステナブルパッケージ制作サービス「POC(ポック)」を正式にローンチすることも併せて発表しました。

「POC」は、サステナブルでオリジナルなパッケージをつくることができるプラットフォームです。

全国の50を超えるサステナブルパッケージ製造に強みを持つ工場と提携しており、パッケージの構想・製造・納品をワンストップで支援します。

多重請け構造のネットワーク構造への転換、認証マークの意味などわかりやすく消費者に伝える取り組みなどサステナブルの見える化、複数ブランドが共同でひとつのパッケージをつくり発注ロットを増やすことで、より安価にサステナブル素材を使えるようにする「シェア制作」、即日注文可能な「セミオーダーパッケージ」などを特徴としています。


商品のパッケージは、ブランディングにおいて非常に重要な要素のひとつです。

近年は、自社で企画・製造した商品をユーザーに直接届けるD2C(Direct to Consumer)モデルの成長や、個人のクリエイター発のブランドなどが増えており、パッケージ制作のニーズも高まっています。

とくにD2Cでは、自社のこだわりを反映させたプロダクトを展開する例が多く、世界観の構築・ブランディングも重要な要素であるため、パッケージ制作も重要です。

さらに近年はSDGsの推進により、環境負荷の低い素材を利用したサステナブルなパッケージのニーズが高まっています。

D2Cではスピーディなプロダクト開発が求められるため、パッケージの調達についてもスピーディに行う必要があり、こうしたD2C向けのパッケージ制作サービスも増えてきています。

一方、サステナブルなパッケージ制作はコストが高くなってしまうという課題を抱えており、D2Cや個人のブランドでは資金力から、サステナブルなパッケージを制作することが難しい場合もあります。

ポックはこうした課題を解決するため、サステナブルパッケージ制作サービス「POC」を展開しています。

株式会社ポックのコメント

このニュースを受けまして、株式会社ポック 代表取締役 小林大樹氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

プロダクトの更なる開発と、人材の採用です。

・今後の展望を教えてください。

お客様である中小事業者様がより必要としてくださるプロダクトに磨き上げていきながら、ものづくりを行っている工場の現場と共にオペレーションを磨き、効率化を進めていきます。

同時にPOCのユーザー様(サステナブルコミュニティ)間での相互送客やナレッジ・制作物のシェアなど、パッケージのメディア的価値を利用した様々な付加価値化の取り組みを進めていきます。

・読者へのメッセージをお願いします。

サステナブルと聞くと難しくて、大変で、高いというイメージは今も残っていると思います。

POCが目指すのは、サステナブルを意識しなくてもサステナブルを実行できる世界です。

かっこいいもの、楽しいもの、面白いもの、それを選ぶと自然とサステナブルになっている。

そんなFUN Sustainableな世界をパッケージから作っていくことにチャレンジしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ブランディングにおいてはノベルティも有効だといわれています。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、代表的なノベルティや作成ノウハウについて解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ D2C PoC オリジナル サステナブル パッケージ プラットフォーム ポック 作成 制作 加工容器 包装資材 工場 株式会社 素材 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

モバイルオンラインゲーム事業を展開する「gumi」が70億円調達
2022年12月22日、株式会社gumiは、SBIホールディングス株式会社、および、株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングスと資本業務提携契約を締結し、第三者割当増資にて総額70億円の普通株式…
スマホ向けバッテリー・スタンド運営の「INFORICH」が10億円調達
2020年3月16日、株式会社INFORICHは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマホ充電器のシェアリング・サービス「ChargeSPOT」を運営しています。 駅などに設置され…
AI学習プラットフォーム運営の「アイデミー」が8.3億円調達
2020年1月30日、株式会社アイデミーが、総額8億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AI学習プラットフォーム「10秒で始めるオンラインAI学習サービスAidemy」を運営してい…
ベトナム大手IT企業FPTの日本法人「FPTジャパンホールディングス」が「エル・ティー・エス」と資本業務提携
2022年10月13日、FPTジャパンホールディングス株式会社は、株式会社エル・ティー・エスと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 FPTジャパンホールディングスは、ベトナムの最大手IT企…
カジュアル面談プラットフォーム「Meety」が1.9億円調達
2022年3月2日、株式会社Meetyは、総額1億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 カジュアル面談プラットフォーム「Meety(ミーティー)」を運営しています。 企業に所属してい…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ