注目のスタートアップ

Web集客支援サービスや福利厚生クラウドを手掛ける「施策ぱっと」が資金調達

company

2022年11月30日、株式会社施策ぱっとは、資金調達を実施したことを発表しました。

中小企業向けWeb集客支援サービス「施策ぱっと」の提供や、福利厚生クラウド「福利ぱっと」の開発を行っています。

「施策ぱっと」は、クライアント企業のビジネスモデルに近い事業者のWeb関連での成功実績を持つメンバーを集めたコンサルチームを組成して支援を行うことを特徴としたWeb集客支援サービスです。

SNS運用、SEO対策、広告運用、比較記事への掲載支援など各社に合った支援を行います。

「福利ぱっと」は、無料から利用できる福利厚生クラウドサービスです。ライフステージに合わせた働き方を支援するサービスを割引価格で掲載します。

サービスのリリースは2022年12月を予定しています。

今回の資金は、「施策ぱっと」「福利ぱっと」の事業開発や、組織体制の強化に充当します。

スマートフォンの普及により、インターネットを利用する人が大幅に増加しています。これに伴い、マーケティングの主戦場もWebへと移り変わっています。

たとえば、国内のインターネット広告市場は、2018年度に約1.7兆円だったものが、2020年度には約2.1兆円へと成長しています。

また、マスコミ4媒体(新聞・雑誌・テレビ・ラジオ)の広告費は年々減少を続けており、2021年には初めてインターネット広告費がマスコミ4媒体の広告費を上回りました。

今後もインターネット広告市場は成長していくとみられ、マーケティングとしての重要性が高まっていくと予測されています。

とくにコロナ禍では、商談会の開催が減少したり、実店舗などへの来店が減少したりしたことから、自社HPの活用、SNSの利用などが増加しました。

また、中小企業庁の「最近の中小企業・小規模事業者政策について」(2018年4月)によると、IT投資を積極的に行う中小企業のほうが、売上高・売上高経常利益率の水準が高いことがわかります。

しかし中小企業はIT人材が不足していることや導入効果がわからない・評価できないことからIT投資に積極的になることができないという課題を抱えています。

そのため、中小企業向けにデジタルマーケティングなどを一から支援してくれるサービスやコンサルティングのニーズが高まっています。

株式会社施策ぱっとのコメント

このニュースを受けまして、株式会社施策ぱっと 代表取締役 森田渉氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

WEB集客支援サービス『施策ぱっと』および福利厚生クラウド『福利ぱっと』の事業開発、組織体制強化のために資金調達を実施いたしました。

特に、目の前のお客様が本当に喜んで使いたいと思っていただけるような「お客様をサクセスさせるためのサービス強化」に投資していきたいと思っております。

・今後の展望を教えてください。

まずは大手総合広告代理店様との提携や自社での告知による導入企業数の拡大と、それに伴う成功事例の増加を進めます。その後、弊社ではマルチプロダクト戦略を取ろうと考えているため、新たなサービス開発に投資をしていきます。

・読者へのメッセージをお願いします。

弊社が最も力を入れている、WEB集客支援サービス『施策ぱっと』に関してメッセージをお送りさせていただきます。

現在、売上が伸びて成長している事業には「WEB上で接点を持てている」という共通点があると思っています。4マスの時代では「資本力」がモノをいう時代でしたが、WEBの時代では「優秀な人がいるか?」が鍵になるため、ある意味では参入障壁が低いと思っております。ぜひ、事業基盤の強化を目指す中小企業様のお力になりたいので、お気軽にご連絡いただけますと幸いです。

創業期は企業の信頼性を高めるため、HPやSNSの開設とその運用が重要です。またSNSは低予算から始められる一方で影響力も高いため、適切に運用できれば企業の財産ともなります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、ホームページの作成ノウハウや、ネット初心者のためのネットPR方法、SNSの活用方法など詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ マーケティング 中小企業 施策ぱっと 株式会社 福利ぱっと 福利厚生 資金調達 集客支援
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

サイバー・セキュリティの「Blue Planet-works」が23億円調達
2019年9月2日、株式会社Blue Planet-worksは、総額23億円の資金調達を実施したことを発表しました。 コンピューター・ウイルスが侵入されても発症しない独自技術を活用した「AppGua…
不動産データ分析基盤「estie pro」提供の「estie」が10億円調達
2022年1月12日、株式会社estieは、総額約10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 不動産データ分析基盤「estie pro」と、賃貸オフィスマッチングサービス「estie」を提供して…
中古仲介・リノベーションサービス「リノベ不動産」運営の「WAKUWAKU」が7億円調達
2021年12月8日、株式会社WAKUWAKUは、総額7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 中古不動産仲介とリノベーションのワンストップサービス「リノベ不動産」を運営しています。 不動産仲介…
女性のための金融コミュニティを運営する「きんゆう女子」が資本提携・出資受け入れ
2022年9月1日、株式会社きんゆう女子は、個人投資家の田沼豪氏、ベンチャー投資を行うAI・テクノロジー・イノベーション・ファンド有限責任事業組合、株式会社KIJと資本提携及び出資を受けたことを発表し…
車の出張整備・修理の「セイビー」運営の「Seibii」が8.4億円調達
2021年6月30日、株式会社Seibiiは、総額8億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 車の出張整備・修理サービス「セイビー」を開発・運営しています。 「セイビー」は、ネットから…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ