オンライン・マルシェ「食べチョク」運営の「ビビッドガーデン」が2億円調達

2019年10月2日、株式会社ビビッドガーデンは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。

オンライン・マルシェ「食べチョク」を運営しています。

こだわりの生産者から、直接商品を購入できるオンライン・マルシェです。

好みの生産者を探してくれる「食べチョクコンシェルジュ」や、友達と分けあえる「共同購入」機能、販売前に商品を取り置きできる予約機能などを提供しています。

株式会社ビビッドガーデン 代表取締役社長 秋元 里奈氏のコメント

今回のニュースにつきまして、株式会社ビビッドガーデン 代表取締役社長 秋元 里奈氏よりコメントが届きました!

秋元 里奈
神奈川県相模原市の農家に生まれる。慶應義塾大学理工学部を卒業後、DeNA へ入社。web サービスのディレクター、営業チームリーダー、新規事業の立ち上げを経験した後、スマートフォンアプリの宣伝プロデューサーに就任。2015 年より、農業分野の課題に直面し起業を決意。2016 年11 月に株式会社ビビッドガーデンを創業。

ーこの事業を始めた経緯について教えてください。

秋元:DeNAでの毎日はとても充実していましたが、3年ほど経った頃から、夢中になれたのは仕事が面白く、また一緒に頑張れる仲間がいたからで、その事業領域だけに一生を捧げられるかといえば、そこまでの確信は持てていないと気付きました。

もっと自分の世界を広げたいと、社外に目を向けて異業種交流会などにも参加するうち、「農業」という軸が自分の中に現れてきたのです。実はそれまで農業をビジネスとして捉えたことはありませんでした。実家は農家だったものの、親からは「農業は儲からないから継ぐな」とずっと言われていて、まったく意識したことがなかったのです。

農業のことをあらためて深く調べていくと、生産や流通などいろいろと課題を抱えているのですが、何十年も前から同じような問題が指摘されており、課題は明確なのにまだ誰も解決していないという状況でした。もちろん、問題の原因が複雑に絡み合っていて、そう簡単に解決できるものではないのですが、ハードルが高いからこそチャレンジしがいがあると感じ、この産業を究めたいという思いが湧いてきたのです。

ー今回の資金調達について、どのような反響がありましたか?

秋元:生産者からの出品希望の問い合わせが多くありました。それに加え、商品の売れ行きも良くなりました。また、各種メディアやイベントからの掲載・登壇依頼も増えました。

ー今後どのような事業展開をしていきたいと考えているか、教えてください。

秋元:農家さんの選択肢を増やしたいと考えています。現在、規模の小さな農家さんが選べる販路はJA(農業協同組合)などに偏ってしまっています。直接販路開拓をしようと思っても、小規模が故に価格交渉力を持てず営業につながりません。ビビッドガーデンはそんな農家さんの選択肢の一つを提供し、こだわりを正当に評価されるための仕組みを作ります。農家さんとしてはJAなどの既存に出荷した方が楽ながらも、利益的な課題が残ります。多少手間はかかるけれど利益が高いという選択肢があれば、小さな農家さんも農地面積に比例しない利益を得られるでしょう。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ビビッドガーデン 資金調達 食べチョク

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集