注目のスタートアップ

3D CADデータの2次活用で組立工程の情報伝達を効率化する「Scene」が1.1億円調達

company

2022年11月30日、Scene株式会社は、総額1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Sceneは、3D CADデータを活用した3Dドキュメントツール「Scene(シーン)」を開発・提供しています。

3D CADデータをそのまま読み込み、3D CADデータの上にテキスト・画像・アニメーションなどを追加し、立体的な手順書を簡単に作成することができます。

これにより、部品を再度組み立てて写真を撮影するという従来の手順書作成の負担を削減するほか、よりわかりやすい組立手順書の作成を実現します。

今回の資金は、新機能開発の加速のためのエンジニアチームの拡大に充当します。

製造業や建設業において目的のモノをつくるためには、まず設計者が描いた図面を読み解き、完璧に理解することが必要でした。

従来この図面は2次元の図面で書かれていることがほとんどであり、その図面を見て、頭の中で立体として組み立てることが必要でした。

しかし近年は、コンピューターを利用した3次元の設計である3D CADが普及し、このデジタルな設計図である3D CADデータによってモノは視覚的にわかりやすくなりました。

そしてこの3D CADデータは、組立手順書・製造指示書や営業部門などにおいても活用が進んでいます。

組立手順書(組立マニュアル)とは、装置などを組み立てる順番・単位・組立の注意事項・勘・コツなどを記載した書類のことです。

一般的には、熟練の技術者の手順を言語化・視覚化するため、対象物を分解し、再度組み立てていく中で随時必要な箇所を写真で撮影し、それをエクセルなどに貼り付けて作成します。

この作業は非常に手間のかかる作業であり、多品種少量生産の現場においては組立手順書が作成されないこともあります。

しかし組立手順書がない場合、作業員によって品質のバラツキが出てしまったり、作業効率が落ちてしまったりといった課題が発生します。

Sceneはこの課題を解決するため、3D CADデータをそのまま読み込んで組立手順書を作成できるツール「Scene」を提供しています。

近年、さまざまな領域で非効率を解消するためのサービスが提供されています。組織・現場によっては大幅な効率化を見込めるため、最適なサービスを導入することが肝心です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、社内システムの構築のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 3D CAD CAD Scene シーン データ ドキュメント マニュアル ものづくり 株式会社 組立 組立マニュアル 組立手順書 製造業 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

共創型コミュニティプラットフォーム「Share Village」展開の「シェアビレッジ」が資金調達
2021年12月22日、シェアビレッジ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、株式会社インクワイア、株式会社MAKOTO、特定非営利活動法人ミラツクとパートナーシップを締結したことも…
見た目や味を変えずに料理・食材を柔らかくする調理機器「DeliSofter」を提供する「ギフモ」が2.5億円調達
2022年4月21日、ギフモ株式会社は、総額約2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ギフモは、パナソニック企業内のビジネスアイデアを事業化するために設立されたスタートアップです。…
リモート・アクセス時の本人認証を向上させる多要素認証サービス提供の「イニシャル・ポイント」が1億円調達
2021年3月18日、イニシャル・ポイント株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 LTE閉域網を利用しリモート・アクセス時に本人認証を向上させる多要素認証サービス「JinCre…
Webメディア運営の「BuzzFeed Japan」が「朝日放送グループホールディングス」・「バリューコマース」と資本業務提携
2022年5月16日、BuzzFeed Japan株式会社は、朝日放送グループホールディングス株式会社・バリューコマース株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 これにより、Zホール…
電気運搬船や大型蓄電池を開発する「パワーエックス」が9.2億円調達
2022年8月3日、株式会社パワーエックスは、総額9億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 パワーエックスは、大型蓄電池の製造・販売や、電気運搬船「Power Ark」の開発を展開し…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ