健康管理アプリ「カロミル」を提供する「ライフログテクノロジー」とAIによる献立・栄養管理支援アプリを提供する「おいしい健康」が業務提携

tips

2022年11月7日、ライフログテクノロジー株式会社は、株式会社おいしい健康と、業務提携契約を締結したことを発表しました。

ライフログテクノロジーは、健康管理アプリ「カロミル」を開発・提供しています。

食事の写真を撮ることでAIが解析して自動で栄養素を計算し、日々の食事を記録するアプリです。

さらに推論AI(食事、運動、属性、アプリの起動状況など)によって3か月後の体重を推測することが可能です。

おいしい健康は、AIによる献立・栄養管理支援アプリ「おいしい健康」と、時間栄養学にもとづく食事タイミング支援アプリ「食べリズム」を開発・提供しています。

「おいしい健康」は、専門家のレシピとAIによって献立づくりを支援するサービスです。

糖尿病、高血圧、脂質異常などの生活習慣病に対する食事療法を家庭で実践するための献立や、ダイエット・メタボ対策、妊娠中などに最適な献立づくりを支援しています。

今回の提携により、お互いの強みをかけ合わせながら、食事の選択~記録~食事の管理まで一貫したサービスの提供をそれぞれのアプリで実現することを目指します。

人間が健康的に生活するには、食事によってエネルギーを摂取するだけでなく、身体の調子を整える栄養素が必要です。

しかし食生活の偏りによって摂取する栄養素が偏ってしまうことがあり、その状況が長く続くと、高血圧、糖尿病、脳出血などのリスクが高まります。

この食事や運動などの生活習慣を大きな理由とする疾患を生活習慣病といいます。日本の全人口の約15%が生活習慣病の患者であるといわれており、この生活習慣病を予防するためにも健康的な生活を実現することが重要となっています。

しかし、食生活の改善や栄養管理のためには、食事に含まれている栄養素を計算し、それを日々記録することが必要となります。

栄養素はインターネットで検索したり本で調べたりすることで知ることは可能ですが、毎日の食事のたびに調べごとをするのは個人にとって大きな負担です。

「カロミル」は、食事の写真を撮影するだけで栄養素を計算し記録してくれるというアプリであるため、栄養素の計算・記録の負担が大きく軽減されます。

さらに、今回のおいしい健康との提携により、個々人に最適な献立を提案できるようになるため、食事を中心とした健康管理・健康増進において包括的なサービスとなっていくことでしょう。

ヘルスケアは企業の健康経営にとっても重要です。雇用人数が50人未満の事業場のストレスチェックは任意とされていますが、生産性の向上のためにも実施したほうがよいでしょう。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、社労士によるストレスチェック対応について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ AI おいしい健康 カロミル ヘルスケア ライフログテクノロジー 健康 健康管理 写真 料理 栄養 栄養素 株式会社 業務提携 献立 生活習慣病 管理 自動 計算
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

Webサービスにノーコードでガイドの表示ができるUI/UX改善SaaS「Onboarding」提供の「STANDS」が1億円調達
2022年2月15日、株式会社STANDSは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Webサービスにノーコードでガイドの表示ができるUI/UX改善SaaS「Onboarding」を提供し…
クラウドソリューション事業やモビリティ事業などを展開する「クララオンライン」が資金調達
2022年9月29日、株式会社クララオンラインは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社筑邦銀行が出資する「ちくぎん地域活性化投資事業有限責任組合」です。 クララオンラインは、クラ…
Webエンジニア向けローコード・サービス「FRONT-END.AI」提供の「Tsunagu.AI」が1億円調達
2020年12月3日、株式会社Tsunagu.AIは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Webエンジニア向けローコード・サービス「FRONT-END.AI」を提供しています。 複数の…
半導体検査装置の検査時間短縮を実現する“電子ビーム生成装置”を提供する「Photo electron Soul」が6.2億円調達
2020年7月17日、株式会社Photo electron Soulは、総額6億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 名古屋大学発ベンチャーで、独自の革新的な電子ビーム技術を核に開発…
データを中心としたDX支援を展開する「アイディオット」が「エイチ・アイ・エス」から資金調達
2022年6月30日、株式会社アイディオットは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社エイチ・アイ・エスです。 アイディオットは、DX支援事業や、データ売買マッチングプラットフォー…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ