飲食店特化のオンライン・ショップ制作(Web決済)サービス「eEAT(イート)」がリリース

2020年6月4日、株式会社グルメパートナーズは、「eEAT(イート)」を2020年6月2日(火)からスタートしたことを発表しました。

「eEAT」は、飲食店向けに、最短2日で、テイク・アウトやデリバリーのWeb販売をスタートできる、オンライン・ショップ制作(Web決済)サービスです。

費用は、販売手数料は無料、月額1万円/1店舗となっています。2020年6月現在、初期費用と初月の月額料金が無料となるキャンペーンを行っています。

リリース当初はテイク・アウト決済のみでのスタートとなっています。6月中旬以降、デリバリー注文の決済や、電子お食事券などのチケット販売、サブスクリプション・サービスの開始などへの対応も行っていくようです。

ECサイトをすぐに構築できるサービスはいくつも提供されていますが、飲食店のオンラインでのテイク・アウトをはじめるには、専用の機能が必要となります。

新型コロナウイルス感染症の流行により、イート・イン以外での商品の提供が推奨されており、飲食店は大きな危機に陥りました。

緊急事態宣言が解除された現在(2020年6月)でも、すぐさま外食需要が回復するわけではないため、テイク・アウトやデリバリーに取り組む必要があるでしょう。

大手グルメ・サイトなどのアンケートを踏まえると、飲食店を応援するためにテイク・アウトを利用したいという声は多いようです。ただしテイク・アウト利用時の待ち時間は短いほうがよいため、オンラインでの予約・決済は、テイク・アウト利用率に大きく関わってくるでしょう。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「飲食開業手帳」では、Webを活用した集客ノウハウについて詳しく解説しています。テイク・アウトへの取り組みと合わせることで、新たな顧客を開拓できるかもしれません。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ EC Web オンライン・ショップ グルメパートナーズ サービス リリース 株式会社 決済 飲食店
詳細はこちら

【コロナ禍でも売上アップ】飲食店が最短2日でテイクアウトやデリバリーを始められる 販売手数料0円の新サービス「eEAT(イート)」がスタート

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ