注目のスタートアップ

シェアサイクルサービス「チャリチャリ」運営の「neuet」が普通社債の発行による資金調達を実施

company

2022年5月30日、neuet株式会社は、「佐銀ベンチャーキャピタル投資事業有限責任組合第四号」を引受先とした普通社積の発行による資金調達を実施したことを発表しました。

「佐銀ベンチャーキャピタル投資事業有限責任組合第四号」は、株式会社佐賀銀行と株式会社佐銀キャピタル&コンサルティングが共同で設立したファンドです。

neuetは、シェアサイクルサービス「チャリチャリ」を運営しています。

福岡市とは共同事業として、2022年5月30日時点で、約2,500台の自転車と500カ所以上のポートを展開しています。

また、熊本エリアでは、「熊本市シェアサイクル実証実験事業」の共同事業者として採択され、2022年4月28日からサービスを開始しています。

2022年5月時点で展開しているエリアは、福岡、名古屋、東京、熊本となっています。

今回の資金は、九州エリアでのサービスの発展のため、車両の充実、展開エリアの拡大、利用回数の拡大に向けた施策などに充当します。

今後、佐賀銀行と佐銀キャピタル&コンサルティングの支援を受け、九州エリアでの「チャリチャリ」の利便性の向上、地域交通課題の解消、SDGsの推進、脱炭素社会の実現、地域経済の発展に向けた取り組みを加速していきます。

温室効果ガス排出の削減のため、大気汚染物質を排出しない乗り物の開発・普及が世界的に推進されています。

特に自動車については、1人での移動が多く、かつ移動距離も10km以内が中心であることから、利用実態に即したモビリティ(乗り物)の開発・普及が必要です。

比較的歴史のある乗り物のひとつに自転車があります。自転車は生活における移動手段として定着しており、都市圏では街中にシェアサイクルのポートの整備が進めば、さらに便利に利用できると考えられています。

また自転車にはモーターによって推進をサポートしてくれる電動自転車もあります。体力のない人や、坂道でも楽に走れるようになるため、より多くの人が利用できることでしょう。

自転車以外にも普及のための取り組みが進んでいるのが電動キックボードです。

こちらは自転車よりもさらに構造がシンプルであるため、整備などが容易であるというメリットがありますし、すぐに足をつくことができるため、自転車よりも重大な事故になりにくいという特徴があります。

自転車は素早く移動できる。電動キックボードは安全に、身軽に移動できるという特徴があります。

どちらかが上位互換であるというわけではないため、シェアサイクルと電動キックボードシェアリングは同時に普及していくか、もしくは街の特性に合わせて普及していくと考えられます。

新たなビジネスでは、自治体や他社との連携が必要となる場合があります。「冊子版創業手帳」では、人脈を作るためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ neuet シェアサイクル シェアリング・サービス チャリチャリ モビリティ 九州 佐賀銀行 佐銀キャピタル&コンサルティング 佐銀ベンチャーキャピタル投資事業有限責任組合第四号 株式会社 熊本市 社債 福岡市 自転車 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

遊びの予約プラットフォーム「アソビュー!」や観光・レジャー・文化施設向けSaaSなど提供の「アソビュー」が30億円調達
2021年12月24日、アソビュー株式会社は、総額30億円の資金調達を実施したことを発表しました。 遊びの予約プラットフォーム「アソビュー!」、観光・レジャー・文化施設向けSaaS、DXソリューション…
看護師マネジメント・ソリューション提供の「エピグノ」が1億円調達
2020年4月21日、株式会社エピグノは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ナース・マネジメント・ソリューション「エピグノ病棟ナース」を提供しています。 在籍する看護師のスキルなどの…
キズナアイなどのバーチャル・タレント事業展開の「Activ8」が10億円調達
2020年4月1日、Activ8株式会社は、総額約10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 「キズナアイ」などのバーチャル・タレント事業や、VR/ARなどのxRコンテンツ事業を展開しています。…
知育玩具サブスク「トイサブ!」運営の「トラーナ」が3.7億円調達
2022年4月21日、株式会社トラーナは、総額3億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 トラーナは、乳幼児向けおもちゃ・知育玩具サブスクリプションサービス「トイサブ!」を運営していま…
クラウド型メールサービス「yaritori」提供の「Onebox」が2,000万円調達
2022年6月22日、Onebox株式会社は、2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社ココナラスキルパートナーズです。 また、2022年4月21日には総額4,000万…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ