注目のスタートアップ

P2P互助プラットフォームを運営する「Frich」が1.7億円調達

company

2022年9月8日、Frich株式会社は、総額1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Frichは、P2P互助プラットフォーム「Frich」を運営しています。

友だち同士などのグループにおいて、特定のリスクに備えてお金を拠出し、万が一のトラブルの際に保険金として支払われるP2P保険(Peer to Peer型の保険)のプラットフォームです。

オンライン完結型であること、月ごとの契約であるため柔軟に契約・解約できること、グループをつくって加入することで支払いが割引されることなどを特徴としています。

2022年9月現在、補償内容は、ECショップの返品時の送料、スポーツ中の怪我、日常生活での怪我、怪我などで入院した際の飼い犬のシッター代、飼い主の死亡時の飼い猫の引き取り手のサポートなどを用意しています。

また、ストーカー対策、ひとり親家庭、ペットの葬儀、猟友会向け鳥獣被害などのサポートも開発中です。

保険と共済は、万が一のリスクに備えるため、複数の人からお金を集め、トラブルの際に対象の人にお金を提供するという点で共通しています。

保険と共済の違いは、保険は不特定多数の人が加入できるのに対し、共済は特定の人(団体の組合や地域など)しか加入できないという点です。

さらに共済は、助け合いを目的に設計されたものであるため、保険よりも掛け金(保険料)が低く設定されていることが多く、広範なトラブルをサポートしているという特徴を有しています。

近年国内では大規模災害が多発しており、コミュニティ内での助け合いの重要性が注目されています。

さらに、SNSの普及によって広く支援を求めることが可能となっており、実際にそれで支援が集まっている例もあります。

SNSではこれまで充分な参加者を集められなかったニッチなジャンルにおいても、ある程度のコミュニティを形成することが可能です。

こうしたコミュニティでは共済という仕組みがフィットしていることもあります。今後の「Frich」の動向に注目が必要です。

Frich株式会社のコメント

このニュースを受けまして、Frich株式会社よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

主に体制構築のための人件費に使います。

・今後の展望を教えてください。

ペットのみならず、さまざまな分野での商品開発をしていきます。また、神戸市との連携を重視し、防災軸での商品開発を強化していきます。

・読者へのメッセージをお願いします。

公助や保険ではカバーしきれない分野において、共済コミュニティを活用したセーフティネットをつくってみませんか?SNSでグループをつくるように簡単につくることができます。ご興味をお持ちいただけた方は、ぜひ当社までお問合せください。

事故・災害・病気などはいつどんなときに訪れるのかわかりません。企業においても不測の事態に備えることは重要ですが、保険はスタートアップや中小企業にとっては費用の負担が大きいものでもあります。そこで活用できるのが共済制度です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、共済制度の仕組みを解説し、スタートアップ・中小企業におすすめの共済を紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Frich P2P保険 プラットフォーム 互助 保険 共済 株式会社 相互扶助 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ファッションレンタルサービス運営の「collEco」が7,000万円調達
2022年3月9日、collEco株式会社は、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ファッションレンタルサービス「collEco(コレコ)」を運営しています。 PC・スマートフ…
即時尿検査サービスを開発する「ユーリア」が5,500万円調達
2022年3月10日、株式会社ユーリアは、総額約5,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 2分で検査結果がわかる尿検査サービスを開発しています。 尿中の成分に応答するバイオマーカーを活用…
「カラダメディカ」「丸紅」「エムティーアイ」が働く女性の健康課題の改善を目指す新会社「LIFEM」を設立
2022年6月28日、株式会社カラダメディカは、丸紅株式会社、株式会社エムティーアイと共同で、新会社として株式会社LIFEM(ライフェム)を2022年7月1日に設立することを発表しています。 カラダメ…
マーケティング領域のプロ人材と企業のマッチングサービス「キャリーミー」提供の「Piece to Peace」が3.5億円調達
2022年5月17日、株式会社Piece to Peaceは、総額約3億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Piece to Peaceは、マーケティング領域を中心としたプロ人材と…
オンライン・マルシェ「食べチョク」運営の「ビビッドガーデン」が2億円調達
2019年10月2日、株式会社ビビッドガーデンは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン・マルシェ「食べチョク」を運営しています。 こだわりの生産者から、直接商品を購入できるオ…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ