注目のスタートアップ

小売チェーン向け来店予測・需要予測サービス「アスシル」などを提供する「ipoca」が2.2億円調達

company

2022年6月6日、株式会社ipocaは、総額2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ipocaは、スーパーマーケット向けマーケティング分析サービス「ミセシル」、小売チェーン向け来店予測・需要予測サービス「アスシル」を提供しています。

「アスシル」は、スーパーや小売チェーン向けの来店人数予測・需要予測サービスです。

GPSデータを活用することで、自店舗の商圏内にある競合店舗の来店人数・売上の予測を可能としています。

2022年6月に、「アスシル」の第2弾サービスとして、「アスシル-来店人数予測サービス」をリリースする予定です。

今回の資金は、新たなサービスの開発に充当します。

需要予測とはその名の通り、提供するサービスやプロダクトの短期的・長期的な需要を予測することです。

需要予測は、仕入れ、生産、販売、人材配置など幅広い計画に関わってくるものです。需要予測の精度が良くなればなるほど損失の少ない計画を立てられるため、高精度の予測は非常に重要です。

一方で需要予測は高度な経験や技術が必要であり、その業務は属人的になりがちです。人材不足にある業界では、こういった属人的な業務を標準化し、誰にでもできるような仕組みにする必要があります。

近年はAI技術の進展により、データ分析は大きく精度が向上しました。

需要予測においてもAIを搭載したシステムやツールが数多く登場しており、需要予測に課題を抱える店舗に貢献しています。

また近年はSDGsの推進もあり、食品ロスの削減に取り組みたい事業者も増えています。スーパーマーケットでは10%が食品ロスとして廃棄されているため、高精度な需要予測をすることでロスを削減することが可能です。

デジタル時代において企業を成長させるためには、最新のツールを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ipoca アスシル サービス スーパー スーパーマーケット チェーン データ マーケティング ミセシル 予測 分析 売上 小売 小売業 店舗 株式会社 資金調達 需要
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

個人向け銀行ローンDXプラットフォーム「クラウドローン」が「SMBCファイナンスサービス」と事前審査の連携を開始
2021年11月16日、クラウドローン株式会社は、SMBCファイナンスサービス株式会社と、事前審査の機能を備えた新バージョンの「クラウドローン」を開始することを発表しました。 クラウドローンの提供する…
電力売買プラットフォーム開発中の「デジタルグリッド」が資金調達
2019年11月18日、デジタルグリッド株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 電力の自由な選択・売買を可能とするプラットフォーム「デジタルグリッドプラットフォーム(DGP)」の構築を進め…
「Shopify」と「法政大学」が連携 実習としてeコマース人材の育成プログラムを提供
2021年4月8日、Shopify Japan株式会社は、学校法人法政大学と連携することを発表しました。 この連携により、Shopifyは、春学期(2021年4月)に開講される、キャリアデザイン学部の…
MaaS事業展開の「MaaS Tech Japan」が3.2億円調達
2021年12月8日、株式会社MaaS Tech Japanは、総額3億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 都市・交通分野におけるモビリティデータの活用による、都市・交通のDX推進…
集金業務のキャッシュレス化・DXの「エンペイ」が4億円調達
2021年4月1日、株式会社エンペイは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 保育園・こども園・幼稚園・学校・塾・習い事教室などに特化した集金業務支援サービス「enpay(エンペイ)」を…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ