注目のスタートアップ

建築コンサルティング会社の「ナック」がメタバースを活用した住宅展示場を開発する「ARKLET」に出資

company

2022年9月7日、株式会社ナックは、株式会社ARKLETに対し、第三者割当増資を引き受け、出資したことを発表しました。

ARKLETは、仮想空間内の住宅内覧システム「Vuildee」を開発しています。

設計図から仮想空間内(メタバース)に住宅を建て、Webブラウザを通じて、PC・タブレットなどから建物内部を自由に歩き回りながら内覧(内見)できるシステムです。

常時インターネットに接続されたメタバース内に建築事業者自らが住宅を建てる仕組みにすることで、時間とコストの削減を可能にします。

ナックは、全国のビルダー・工務店に対する経営・商品・集客・営業におけるさまざまなソリューションを提供しています。

住宅展示場とは、複数のハウスメーカーがそれぞれの強みを活かしたモデルハウスを建て、顧客にPRするための場です。

顧客は複数の住宅を比較検討でき、さらには実際の住宅を見られるため、住宅の利便性の確認や暮らしのイメージなどを固めることが可能です。

一方で、住宅展示場のモデルハウスは新製品に対応するため、5年から10年程度で建て替えが行われます。

また、土地代を抑えるために郊外で運営されることが多いのですが、それでも広大な土地が必要となることから、相応のコストがかかってきます。また、郊外にあるという特徴から、訪れることができる顧客が限られています。

ところで、近年の新築住宅や賃貸物件の内覧・内見では、VR(仮想現実)を活用したサービスの提供がはじまっています。

VR内見は、VRゴーグルやWebブラウザなどを使い、3DCGなどで構築されたバーチャルな住宅・部屋を内見できるサービス/システムです。

賃貸物件では一度に複数物件の内見を行うことが多いのですが、移動に時間がかかることがネックでした。

VR内見は移動時間を削減できるため、より多くの物件の内見が可能となります。

また、新築住宅におけるVR内見も同様のメリットがあるほか、まだ実物を建てていなくても、3Dモデルがあれば内見ができるという大きなメリットがあります。

さらにモデルハウスの場合は、建築コストが削減できるため、今後広がっていくと予測されます。

最新技術や最新技術を活用したプロダクトの開発には豊富な資金が必要となります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ARKLET VR Vuildee コンサルティング システム ナック メタバース 仮想空間 住宅 内見 建物 建築 新築住宅 株式会社 開発
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ライブ・エンターテインメントをxR技術で拡張する「LATEGRA」が資金調達
2020年7月17日、株式会社LATEGRAは、資金調達を実施したことを発表しました。 リアルとバーチャルを融合させたライブ・エンターテインメント制作事業を展開しています。 具体的には、CGデザインや…
「エスビージャパン」が自治体アクセラレータープログラム「47GROWTH」を始動
2021年8月10日、エスビージャパン株式会社は、「47GROWTH(ヨンナナ・グロース)」を設立したことを発表しました。 「47GROWTH」は、サスティナブルな地域振興を目指す、自治体型アクセラレ…
植物肉「ミラクルミート」開発・製造の「DAIZ」が「焼肉きんぐ」など運営の「物語コーポレーション」と資本業務提携
2021年11月19日、DAIZ株式会社は、株式会社物語コーポレーションと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 DAIZは、発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」を開発・製造しています。 …
決済・金融領域での共創型コンサルティング事業など展開の「インフキュリオン」が24億円調達
2021年3月5日、株式会社インフキュリオンは、総額24億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 決済・金融領域での共創型コンサルティング事業や、QRコード決済に対応したウォレット・プラットフォ…
風況観測・シミュレーション・解析事業展開の「レラテック」が「豊田通商」と資本業務提携
2022年4月14日、レラテック株式会社は、豊田通商株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 レラテックは、高度な風況観測・シミュレーション・解析技術を有しており、風況調査とそのコン…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ