注目のスタートアップ

バーチャルインテリアサービスを提供する「カラーアンドデコ」が資金調達

company

2022年9月5日、株式会社カラーアンドデコは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、IDATEN Venturesです。

カラーアンドデコは、不動産会社・売買・賃貸仲介・デベロッパー・オーナー向けに、「バーチャルインテリア」や「VRバーチャルモデルルーム」を展開しています。

「バーチャルインテリア」は、空室や居住中の物件写真や360度写真に3DCGでインテリアイメージを加えるサービスです。

物件のイメージ力が向上すること、家具・インテリアがあることで物件の広さ・間取りがわかること、物件写真を送るだけで利用できることといったメリットがあります。

今回の資金は、利用者に向けたオーダーシステムの向上や、インテリアデザインスタイル開発に充当します。

不動産ポータルサイトの充実や、スマートフォンの普及もあり、多くの人がインターネットで物件を探しています。

さらに、コロナ禍によって店舗で直接物件を紹介してもらうことも減少しています。

物件探しにおいてインターネットの比重が大きくなってきた状況では、物件情報を正確に提供し、さらに魅力的に見せることが重要となっています。

一方で、不動産ポータルサイトなどでは、伝えられる情報に限りがあります。一部の物件では、より多くの情報を伝えるため360度写真を掲載している例もありますが、ほとんどは空室の写真を掲載しています。

こうした物件情報の場合、利用者は、物件の築年数・間取り・広さ・周辺環境などから選ぶしかありません。

一方で、国内の賃貸物件の空室率は長い間上昇を続けており、ここ10年はおおよそ18%前後で推移しています。

さらに、人口減少や高齢化によって空き家の数も増加が続いています。

この状況では、物件のスペック以外の部分でも顧客に訴求する必要があります。

カラーアンドデコは、物件写真に3DCGのインテリアイメージを付け加える「バーチャルインテリア」や、VRゴーグルや360度写真を活用した「VRバーチャルモデルルーム」により、実際に物件に住んだ際のイメージを可視化することで、物件の魅力を伝えるサービスを不動産会社などに提供しています。

株式会社カラーアンドデコのコメント

このニュースを受けまして、株式会社カラーアンドデコよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

弊社は[インテリア]で彩りをプラスして暮らし方をご提案し、[デジタル]の技術でよりリアルにより素早くお客様の元へご提供できるよう日頃より努めております。

その2つの軸をさらに強化し、よりお客様にご満足いただけるようサービス向上を目指して今回は資金調達を実施いたしました。

・今後の展望を教えてください。

海外では不動産選びにはインテリア付きが当たり前となっています。

また、世の中の動向も変わり家探しのデジタル化も加速しています。

これからの住まい探しは、箱選びからではなくインテリアが常にセットされている、ワクワク楽しい住まい探しの文化をカラーアンドデコが創り上げていきたいと思っております。

・読者へのメッセージをお願いします。

弊社は、ただCG制作をする制作会社ではなく、リアルな家具サイズでの配置や、経験豊富なインテリアコーディネーターによるインテリアデザインを実施の元、お客様のお悩みを解決し、カラーアンドデコならではのインテリアデザインをご提供して、不動産販売のお手伝いができるよう、人と人とのつながりも大切にしております。

いつでもご相談・お問い合わせください。

生活には住居が必要ですが、企業にはオフィスが必要となります。テレワークの普及などもあり、以前とはオフィスに対する考え方も変化してきています。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、賃貸オフィスや、シェアオフィス、コワーキングスペースなどを比較し、創業期に最適なオフィス形態を明らかにしています。また、オフィス移転を考える企業に向けて「オフィス移転手帳」もお送りしています、この冊子では、オフィスの選び方や、成功するオフィス移転の方法について解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 3DCG VR インテリア インテリアデザイン オーナー カラーアンドデコ サービス バーチャル モデルルーム 不動産会社 仲介 写真 売買 家具 株式会社 物件 賃貸 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「エスビージャパン」が自治体アクセラレータープログラム「47GROWTH」を始動
2021年8月10日、エスビージャパン株式会社は、「47GROWTH(ヨンナナ・グロース)」を設立したことを発表しました。 「47GROWTH」は、サスティナブルな地域振興を目指す、自治体型アクセラレ…
「メドピア」が日常の臨床現場から出る医療データ(リアルワールドデータ)の利活用事業を共同展開する「4DIN」に出資
2022年9月26日、メドピア株式会社は、株式会社4DINが2022年10月28日付で実施する第三者割当増資による出資に応じることを決議したことを発表しました。 メドピアは、医師専用コミュニティサイト…
AI・ディープラーニング技術のコンサルティングと開発を展開する「Ridge-i」の株式を「バルカー」が追加取得
2022年9月15日、株式会社バルカーは、株式会社Ridge-iの株式を追加取得したことを発表しました。 この株式取得により、バルカーはRidge-i創業メンバーに次ぐ、出資比率11.20%の最大の外…
病院や医師向けのAI関連医療機器を開発する「アイリス」が資金調達
2022年6月29日、アイリス株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。これにより累計調達額が約40億円に達しています。 アイリスは、病院や医師向けのAI関連医療機器を開発しています。 202…
自治体のDXを推進する「ガバナンステクノロジーズ」が5,500万円調達
2021年9月24日、株式会社ガバナンステクノロジーズは、総額5,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 自治体の課題を解決するため、自治体とともに課題の抽出から、解決方法の提案、妥当性の…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ