心疾患による突然死を防ぐ超聴診器を開発する「AMI」が4.9億円調達

2020年4月10日、AMI株式会社は、総額4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

疾患に繋がる心雑音のみを自動的に検出することを可能とした聴診器「超聴診器(心疾患診断アシスト機能付遠隔医療対応聴診器)」を開発しています。

複数の大学病院での臨床研究を実施し、早期の社会実装を目指して研究開発を進めています。

今回の資金は、「超聴診器」の医療機器としての製品化・事業化に向けたエンジニアの採用や、大規模臨床研究などに充当されます。

高齢者の増加や、働き手の減少にともなう医療の担い手の減少などにより、遠隔医療は将来的に大きな必要性があります。

心疾患は、50歳以上の死亡率としては、ガンに次いで2位となっています。そのため心疾患に繋がる心雑音を検出することで、早期治療が行えるようになる「超聴診器」は、医療に大きく貢献することでしょう。

社会課題を解決する社会課題解決型ビジネスは、すぐに結果がでるものではなく、ビジネスとして成り立たせるために大きなハードルがあります。「冊子版創業手帳」では、様々な起業家のインタビューを掲載しています。先人がどのように困難を突破してきたかを知ることは、起業や経営に大きく役立つことでしょう。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AMI 医療 株式会社 機器 疾患 研究開発 聴診器 診断 資金調達 遠隔医療 開発

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集