注目のスタートアップ

共同編集機能を搭載したビジュアルプログラミングアプリを開発する「プログミー」が7,000万円調達

company

2022年9月1日、株式会社プログミーは、総額7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

プログミーは、ビジュアルプログラミングアプリ(Webアプリ)「プログミー」を開発しています。

複数人でリアルタイムに編集できる共同編集機能を搭載しています。

OSS(オープンソースソフトウェア)のビジュアルプログラミング言語のScrach(スクラッチ)をベースとしています。

2022年9月現在、プログラミング教室などの教育機関を中心にβ版を提供しています。

今秋に、コンシューマ版(個人利用版)をグローバルでローンチすることを予定しています。

ビジュアルプログラミングとは、テキストでプログラムを記述するのではなく、視覚的なオブジェクト(ブロックなど)を組み合わせてプログラミングすることです。ビジュアルプログラミング用に開発されたプログラミング言語をビジュアルプログラミング言語といいます、

ビジュアルプログラミングにはプログラミングを視覚的に理解しやすいという特徴があり、子どもでもプログラミングを習得しやすいものとして、プログラミング教育・入門で利用されています。

有名なビジュアルプログラミング言語にScratchがあります、

Scratchは、MITメディアラボが開発する8歳から16歳を対象とした無料のビジュアルプログラミング言語です。

Scratchはカリキュラムが提供されておらず機能も限定的であるため、Scratch用のカリキュラムを提供するWebサイトや、Scratchを組み込んだ教育サービス・コンテンツが世界中で提供されています。

株式会社プログミーのコメント

このニュースを受けまして、株式会社プログミー 代表取締役 石橋康大氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

共同ビジュアルプログラミングアプリ「プログミー」のさらなる磨き込みのため、グローバルでの採用活動を通して強い開発体制を作ります。

・今後の展望を教えてください。

今秋には、複数人でプログラミングをする楽しさをより一層感じることができるコンシューマ版(個人利用版)をグローバルでローンチすることを予定しております。

・読者へのメッセージをお願いします。

株式会社プログミーは「一緒だと、もっと楽しい、もっと身に付く」をビジョンに掲げ、これからもテクノロジーの学習者に向けて価値あるサービスを提供していきます。現在、一緒に働く仲間を募集しておりますのでビジョンに共感いただける方はぜひご連絡ください。

教育や学習は企業の成長にとっても重要です。中でも読書は効率的かつコストパフォーマンスの良い学習方法のひとつであるため、創業期には大きな助けとなってくれるでしょう。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「オフィス移転手帳」では、書店員が選ぶ社員教育に使える本10選を紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ OSS アプリ スクラッチ ビジュアルプログラミング プログミー プログラミング 共同 教育機関 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

サブオービタルスペースプレーン(有翼式再使用型ロケット)を開発する「SPACE WALKER」が5.5億円調達
2022年3月31日、株式会社SPACE WALKERは、総額5億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 SPACE WALKERは、サブオービタルスペースプレーン(有翼式再使用型ロケ…
出張リラクゼーションサービス「HOGUGU」提供の「HOGUGUテクノロジーズ」が2.6億円調達
2022年4月4日、株式会社HOGUGUテクノロジーズは、総額2億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 HOGUGUテクノロジーズは、出張リラクゼーションサービス「HOGUGU(ホグ…
IFA向け総合コンサルティング展開の「アドバイザーナビ」が4,500万円調達
2020年4月2日、アドバイザーナビ株式会社は、総額4,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 IFAチャネルの総合コンサルティング事業を展開しています。 具体的には、完全無料のIFAマッ…
スマホにかざすことでビジネスプロフィールが表示される電子名刺「Juice」がリリース
2022年8月10日、エスダムスメディアJAPAN株式会社は、関連会社のEYES iQ株式会社が開発した「Juice」がリリースされたことを発表しました。 「Juice」は、スマートフォンに搭載されて…
需要者と供給者を直接マッチングする木材プラットフォーム「eTREE」運営の「森未来」が8,000万円調達
2021年10月6日、株式会社森未来は、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 いつでも簡単に適正価格の木材を購入できるプラットフォーム「eTREE(イーツリー)」を運営しています…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ