AI技術を活用したソーシャルメディアマーケティングを展開する「AIQ」が製菓材料専門店「富澤商店」と業務提携

tips

2022年8月9日、株式会社富澤商店は、AIQ株式会社と業務提携契約を締結したことを発表しました。

AIQは、ヒトに関するあらゆる情報を取得し、その大量のデータをAIによってプロファイリングし、そのヒトのことを可視化する技術を事業のコアとしています。

プロファイリングAIを活用した、Instagram運用ナビゲーションツール「Moribus Navi」、インフルエンサーマーケティングツール「Moribus Casting」を開発・提供しています。

富澤商店は、1919年に創業した食材・調理器具販売会社です。

百貨店やショッピングモールなどに直営店を持っており、製菓・製パン材料や調理器具などを販売しています。

コロナ禍ではECが成長しており、2020年2月時点での会員数が35万人だったものが、2022年6月には60万人へと増加しています。

また、自社SNSアカウントの運用も行っており、フォロワー数・エンゲージメント率も増加しています。

今回の提携によって、AIQのプロファイリングAIなどを活用した次世代ソーシャルコマース事業を8月から開始する予定です。

このソーシャルコマース事業では、SNS・コミュニティ・ECがシームレスにつながる一体化した仕組みを構築します。

AIQのプロファイリングAI・販売力可視化AI・潜在顧客発掘AIを活用してユーザー個人の興味・関心を分析して潜在顧客を発掘し、効率的な販売促進を行っていきます。

TwitterやInstagramなどのSNSは、利用者数・利用時間ともに増え続けています。また、若年層にとってSNSは、テレビなどよりも接している時間が長いメディアとなっています。

SNSにはそれぞれ特徴があります。たとえばTwitterは情報の拡散性・リアルタイム性、Instagramはユーザーの生の声を集めやすいことなどが挙げられます。また、SNSはユーザーがコンテンツを生成することが特徴的であり、企業ではPRの一環としてユーザー参加型のキャンペーンなどを実施する例もあります。

SNSでは興味・関心などによってコミュニティが形成されます。ある企業・ブランドのファンが集まるコミュニティが形成されることもあり、質の高いユーザーの声を集めたり、マーケティングに活用するため、自らが積極的にコミュニティ形成のために働きかけるコミュニティマーケティングといった手法もあります。

富澤商店は製菓・製パン材料や調理器具を販売しているため、SNSには富澤商店の商品を使ったお菓子・パンの写真が投稿されています。

器具・道具などの使用感がハッシュタグ付きで投稿されている例もあり、お菓子作りやパン作りを趣味とする人がここから富澤商店の商品を購入したりファンとなったりする土壌となっていると考えられます。

AIQとの提携によって、今後どのような施策を展開していくのか注目が必要です。

SNSはメディアとしての影響力が大きく、ユーザー同士のコミュニケーションが盛んに行われることが特徴となっています。そのためこれからのプロダクト開発やPR・マーケティングではSNSをどう活用するかが重要となっています。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、ネットPRのノウハウや、SNSの活用方法など詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ AI AIQ SNSマーケティング ソーシャルメディア プロファイリングAI マーケティング 富澤商店 専門店 技術 株式会社 業務提携 潜在顧客
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ビッグデータ・AIでホテル・旅館などを一括検索「atta」の運営元が2億円調達
株式会社WithTravelは、2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、旅行プラン検索サービス「atta(あった)」のβ版を、2019年3月14日にローンチすることも併せて発表しました。…
VRライブ・プラットフォーム「VARK」運営の「ActEvolve」が資金調達
2020年3月4日、株式会社ActEvolveは、資金調達を実施したことを発表しました。 VRライブ・プラットフォーム「VARK」を運営しています。 バーチャル・アーティストのパフォーマンスを、自分が…
音声配信プラットフォーム展開の「stand.fm」が10億円調達 「UUUM」の「REC.」事業の譲受けを締結
2021年10月22日、株式会社stand.fmは、10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、Z Venture Capital株式会社です。 また、UUUM株式会社の音声配信サービ…
ARクラウドプラットフォーム「Pretia」が正式ローンチ
プレティア・テクノロジーズ株式会社は、2022年4月26日にARクラウドプラットフォーム「Pretia」を正式ローンチしたことを発表しました。 「Pretia」は、AR開発をより簡単にするクラウドサー…
宿泊施設のペーパーレス運営とデータドリブン経営をサポートする「SmartInn」 正式版リリース
2022年4月15日、株式会社SmartInnは、「SmartInn(スマートイン)」の正式版を提供開始したことを発表しました。 「SmartInn」は、宿泊施設のペーパーレス運営とデータドリブン経営…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ