産業用精密3Dプリンターの専門メーカー「BMF」が4,300万ドル調達

tips

2022年8月9日、BMF Japan株式会社は、Boston Micro Fabricationが、4,300万ドル(約58億円)の資金調達を実施したことを発表しました。

Boston Micro Fabrication(BMF)は、独自開発の精密3Dプリント技術「Projection Micro Stereolithography(PμSL)」を活用した産業用3Dプリンターの開発・販売や、3D造形サービスなどを展開しています。

今回の資金調達により、最終用途の精密部品に適合する、より高性能な材料の開発と最終製品の量産化実現を目指していきます。

3Dプリンターとは、3Dのデジタルデータをもとに、樹脂や金属などを素材として物体を作り出す機械のことです。

3Dプリンターは、複雑な形でも造形が行えること、アイデアをすぐに形にできることがメリットです。

製造業などにおける試作や、小ロット量産品のマスター・型の作成、部品の試作などで活用されています。

また近年は扱える素材の種類が増え、最終製品にそのまま使用できる部品の製造や、最終製品そのものを3Dプリンターで製造するといったことも可能となっています。

金属を積み重ねていく3Dプリント技術を、アディティブマニュファクチャリング(AM)といいます。

通常金属を加工する場合は、素材から削って加工する手法が主流ですが、この手法ではひとつの目的に応じて治具・工具を揃える必要があるため、大量に生産しなければコストが下がりません。また、複雑な設計においては高い加工技術が要求されます。

AMは、従来の加工手法とくらべて、少量生産では安価であり、複雑な設計も得意としていることから、近年さまざまな業界で注目が集まっています。

また、精密な造形が不得意であるというデメリットがあったのですが、BMFはマイクロレベルの造形を実現しています。

AMは多品種少量生産の需要が高まる製造業において、そのニーズに応えられる技術であり、今後さらに活用が進んでいくと予測されています。

近年の技術革新はビジネスにおいて高い効率化や低コスト化を実現しました。創業期からこういった技術を活用することで、ビジネスをより早く成長させることが可能となります。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ 3D 3Dプリンター 3D造形 BMF BMF Japan Boston Micro Fabrication Projection Micro Stereolithography PμSL アディティブ・マニュファクチャリング プリント ものづくり 技術 株式会社 産業 産業用 製造業 資金調達 金属3Dプリント 金属積層造形
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AIでマーケット・インサイトを分析「AIQ」が11億円調達
2020年3月9日、AIQ株式会社は、総額約11億円の資金調達を実施したことを発表しました。 プロファイリングAIでマーケット・インサイトを分析し、LTVが高い潜在顧客の獲得を実現するサービスを提供し…
「Yondemy」が資金調達 子供向け完全オンライン読書教育の習い事サービス「ヨンデミーオンライン」を正式リリース
2020年12月23日、株式会社Yondemyは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「ヨンデミーオンライン」を正式リリースしたことも併せて発表しました。 「ヨンデミーオンライン」は、5〜1…
地域密着型のファイナンシャル・プランナー・マッチング・サービス運営の「クロス・デジタル・イノベーション」が資金調達
2020年7月6日、株式会社クロス・デジタル・イノベーションは、資金調達を実施したことを発表しました。 ファイナンシャル・プランナーが成功するためのメソッド「東大式FP」を提唱しています。 「東大式F…
脳ドック用ソフトウェア提供の「CogSmart」が3.5億円調達
2022年1月6日、株式会社CogSmartは、総額3億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 脳ドック用ソフトウェア「BrainSuite(ブレーン スイート)」を提供しています。 …
自律型点検ロボットなどを展開する「ハイボット」が資金調達 メーカー商社の「リックス」と資本業務提携
2022年10月4日、株式会社ハイボットは、リックス株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 また、三井住友海上キャピタル株式会社が運営するファンドからの出資を受け入れたことも併せて発…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ