注目のスタートアップ

ミドルマネジメント自動化クラウド「YARIKIRI」運営の「Betterbound」が8,000万円調達

company

2022年4月1日、株式会社Betterboundは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、「YARIKIRI(ヤリキリ)」のβ版をリリースしたこともあわせて発表しました。

「YARIKIRI」は、課長層やマネージャー層が行うチームマネジメント業務の効率化と、各メンバーの成果創出や育成の最大化を実現する、ミドルマネジメント自動化クラウドです。

これまで様々な業務に忙殺されチームマネジメントにまで手が回らなかったミドル層のため、ゴール設定・活動フォロー・育成促進・継続的対話などを自動化し、チームを成功に導くことを支援するサービスです。

今回の資金は、プロダクト開発・営業・カスタマーサクセスの各領域での人材採用の加速に充当されます。

正式版のリリースは2022年秋頃を計画しています。

中間管理職(ミドルマネジメント)は、経営者などのトップマネジメント層と現場の間に立ち、経営陣と一般社員の橋渡しを行う役割を担っています。

ミドル層の重要な役割としては、人材の育成や仕事の適切な評価・改善があります。一方で、ほとんどのミドル層がプレイヤーとしての仕事も担う、プレイングマネージャーとなっています。プレイヤーとしての仕事の比率も大きく、本来求められている人材育成や組織・人材の評価・改善といったコア業務に割く時間ないことが課題となっています。

このような課題を抱える組織では、人材は適切な成果・評価がもらえていない、適切な業務が割り当てられない、悩みを上司に相談できないといった問題が生じます。

この課題を解決するには、ミドル層のチームマネジメント業務を効率化する必要があります。

Betterboundは「YARIKIRI」を通じ、多数の仕事を抱えがちなミドル層に向け、きちんとツールを活用していれば、自ずとチームの成果や育成が実現されるような仕組みの構築を提供することを目指しています。

創業期はなにもない状態からはじまるため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Betterbound YARIKIRI チーム チームマネジメント マネージャー ミドル層 ヤリキリ 効率化 株式会社 自動化 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

音声コミュニケーション・ツール提供の「BONX」が3.1億円調達
2020年4月27日、株式会社BONXは、総額約3億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 法人向けコミュニケーション・アプリ「BONX for BUSINESS」や、ヘッドセット「B…
「PFU」が紙書類のデジタル化・業務連携を実現するサブスクリプション・サービス「ワンタッチスキャンサービス」をリリース
2020年10月22日、株式会社PFUは、「ワンタッチスキャンサービス」の提供を開始することを発表しました。 「ワンタッチスキャンサービス」は、紙書類のデジタル化と、業務連携を実現するサービスです。 …
AI技術を用いた高精度・早期診断対応のインフルエンザ検査法開発の「アイリス」が資金調達
2020年8月6日、アイリス株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 AI技術を用いた高精度・早期診断対応のインフルエンザ検査法を開発しています。 今回の資金は、研究開発の加速や、グローバル…
蚕専門の昆虫食スタートアップ「エリー」が第1弾商品「SILKFOOD チップス」を販売開始
2021年7月9日、エリー株式会社は、「SILKFOOD チップス」を自社ECショップで販売開始したことを発表しました。 エリーは、蚕専門の昆虫食スタートアップとして、養蚕や、原料の開発販売、商品開発…
日程調整を効率化するカレンダープラットフォーム提供の「Spir」が2億円調達
2021年5月13日、株式会社Spirは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 カレンダープラットフォーム「Spir(スピア)」を提供しています。 利用している複数のカレンダーと連携し、…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ