調剤薬局向け次世代電子薬歴システム「Musubi」提供の「カケハシ」が18億円調達

company

2020年10月12日、株式会社カケハシは、総額約18億円の資金調達を実施したことを発表しました。

調剤薬局向け次世代電子薬歴システム「Musubi(ムスビ)」や、おくすり連絡帳アプリ「Pocket Musubi」などを提供しています。

「Musubi」は、患者満足度の向上と、薬局スタッフの働き方改革を実現するサービスです。

薬歴業務状況・店舗の収益などの店舗の状況把握や、薬局業務(薬歴・在宅・教育など)の効率化、服薬指導のすべてをサポートすることにより、新たな薬局体験をを提供しています。

今回の資金は、薬局業界のデジタル・トランスフォーメーションを支援する既存事業の拡大と、新規事業の創出、それに伴う組織の拡充に充当されるようです。

診療報酬改定により、特定の医療機関からの処方箋の割合が大多数だった場合、調剤報酬が引き下げられるようになりました。

また、厚生労働省は、地域医療の促進のため、調剤薬局に対しかかりつけ薬局になるように働きかけをしており、残薬の確認や服薬指導に関する項目も調剤点数に影響するようにしました。

そのため、調剤薬局は経営の転換が迫られています。具体的には、リピーターを獲得することや、わかりやすい服薬指導、薬剤服用歴管理指導の効率化、コミュニケーションの質の向上が必要とされています。

創業期はなにもない状態からはじまるため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Musubi カケハシ システム ムスビ 株式会社 薬局 調剤 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ