注目のスタートアップ

デジタルアートとセンサーを活用したリハビリツールを運営する「デジリハ」が7,200万円調達

company

2022年8月8日、株式会社デジリハは、総額7,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。

デジリハは、デジタルアートとセンサーを活用するリハビリツール「デジリハ」を運営しています。

デジタルアートを活用し、リハビリにおけるモチベーションの維持や継続性の向上を実現します。

また、センサーによってユーザーの運動を検知・定量化することで、運動学習の促進、質の高い医療福祉、教育サービスの提供につなげます。

2022年8月現在、ハンドトラッキング、ウェアラブル加速度計、測域センサー、視線入力センサーなどを利用できます。

全国各地の導入拠点は13件となり、児童福祉施設、総合病院、特別支援学校などで利用されています。

障害児・障害者のリハビリテーションは、残存機能強化や障害軽減によって二次障害を予防するという目的と、より自分らしく暮らしていくという目的を達成するために非常に重要なものです。

一方で、リハビリではできなかった動作をできるようにしたりする必要があるため心身に負担がかかり、子どもの場合はいやいやながらリハビリに取り組んでいることもあります。

しかしリハビリは当事者の意欲が回復に関わっていることが脳科学の分野でも提言されており、当事者が主体的に取り組んでいくことが必要とされています。また、本人の意欲の有無は、リハビリを継続的に実施できるかどうかといったことにも関わってきます。

そのため、リハビリに「遊び」の要素を取り入れ、楽しみながらリハビリに取り組めるようなプログラムがさまざまな場所で実施されています。

「デジリハ」は、そのような楽しみながら取り組めるリハビリツールです。

デジタルアートを活用することで、遊んでいるうちにいつの間にかリハビリになっている、ということを目指しています。

また、センサーを活用することで身体動作のデータを取得してデータベースを構築し、疾患や障害別の特徴を抽出するといったデータ活用も目指しています。

株式会社デジリハのコメント

このニュースを受けまして、株式会社デジリハよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

アプリ開発及びプラットフォーム構築を主目的として資金調達を行いました。おかげさまでアプリは現在30本を超え、多くのユーザーのニーズを満たすものとなってきています。また、アプリを格納するプラットフォームである「デジリハBASE」の構築及びアップデートも合わせて行っています。

・今後の展望を教えてください。

より医療福祉のリハビリ現場で活用いただけるような幅広い発達段階に即したアプリの開発、プレイデータを蓄積・分析することによりリハビリを定量化できるデータベースの構築、そしてオリジナルセンサーの開発を次の展望として掲げています。

・読者へのメッセージをお願いします。

我々はリハビリを目的ではなく“より良く生きるための手段”であると考えます。出来るだけ多くのリハビリを必要とする人々に届けたいという想いをもちつつ、「目の前のたった1人のために」開発をし続ける姿勢を忘れず、これからもサービス強化に邁進してまいります。リハビリがアソビになるアプリの提供というのはまだ第一歩です。障害児者が主体的に活動に参加できる社会を目指して進んでいきます。どうぞ一層の応援をよろしくお願いいたします。

社会課題を解決するビジネスには投資家の注目も集まっています。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ IoT エンターテインメント ゲーミフィケーション センサー デジタル デジタルアート デジリハ リハビリ リハビリテーション 介護 医療 福祉
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

9/28緊急開催! 【参加費無料】『北九州でIoT』説明会 in 東京 大手町
IoTをテーマに「ビジネス」から「ものづくり」までを支援するビッグプロジェクト『北九州でIoT』。全国からIoTに関するアイデアを募集し、メンタリングや資金援助などを通じて「事業化」することを最終目標…
オンライン医療・ヘルスケア・健康管理サービスを提供する「アナムネ」が「東京電力フロンティアパートナーズ」「TEPCO i-フロンティアズ」と資本業務提携
2022年9月15日、株式会社アナムネは、東京電力フロンティアパートナーズ合同会社に対して第三者割当増資を実施し、TEPCO i-フロンティアズ株式会社を含めた3社での資本業務提携を行ったこと発表しま…
高齢者の転倒による骨折を減らす転んだ際に柔らかくなるマット「ころやわ」提供の「Magic Shilds」が1.4億円調達
2021年11月5日、株式会社Magic Shieldsは、総額1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 歩いているときの硬さと、転んだときの衝撃吸収性を両立した置き床である「ころや…
「S5パートナーズ」が介護マッチング・サービス運営「スケッター」運営の「プラスロボ」に出資
S5パートナーズ有限責任事業組合は、株式会社プラスロボに出資参画したことを発表しました。 プラスロボは、すきま時間を活用して介護施設で働きたい介護士以外の人材と、人手を必要とする介護施設をマッチングす…
デジタル/SNS領域の広告代理事業やインフルエンサーマネジメント事業を展開する「For you」が資金調達
2022年7月13日、株式会社For youは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社ドワンゴと宇野康秀氏です。 For youは、​デジタル/SNS領域における広告代理事業と、タ…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ