注目のスタートアップ

デジタルウォレットアプリ提供の「Kyash」が49億円調達

company

2022年3月17日、株式会社Kyashは、総額49億円の資金調達を実施したことを発表しました。

デジタルウォレットアプリ「Kyash」を提供しています。

アプリから仮想的なVisaカードを発行でき、銀行口座・クレジットカード・デビットカードを登録することで、Visaオンライン加盟店において利用することができるサービスです。

Apple Pay、Google Payに対応しており、登録することでQUICPay+加盟店で非接触決済として利用することも可能です。

また、「Kyash Card」・「Kyash Card Lite」の2種類の物理的なカードを発行することもでき、これにより実店舗での利用も可能なります。

今回の資金は、人材採用による組織の拡充、事業領域の拡大・サービス運用体制の強化に充当されます。

Kyashの目的は、送金・決済といったお金にまつわる領域を統一された体験・サービスにすることにあります。

2017年4月に個人間の無料送金サービスとして始まった「Kyash」は、2018年3月にウォレットアプリとしてリニューアルし同年5月からリアルカードの発行も開始し、ほぼクレジットカードとして利用できるサービスとして展開してきました。ポイント還元率が良いことや、VISAブランドのバーチャルカードが即時発行できることなどから注目を集め、国内FinTechベンチャーとして大きな存在となっていきました。

VISA加盟店、QUICKPay加盟店からの決済手数料で収益を得るという構造でやってきており、近年は後払いサービスの手数料なども収益のひとつとなっています。

今回の資金調達では、「Kyash法人送金サービス」も評価されています。このサービスは、企業が個人に対し報酬などを支払う際の利用が想定されているもので、受け取り側にほぼリアルタイムでお金をKyash残高として送金することができるというものです。

デリバリー・テイクアウトアプリ「menu」の報酬支払手段として導入されているほか、東京オリンピックでのボランティアへの交通費の支払いでも使用されたという実績があります。

「Kyash法人送金サービス」は、受け取り側としてはKyashアプリのインストールという手間がひとつ増えるものの、リアルタイムで入金される、携帯電話番号ひとつで報酬を受け取ることができるというメリットがあります。また、事業者側は、口座振替よりも安価な手数料で送金できるというメリットがあります。

一方で、PayPayや海外の決済ベンチャーなど強力な競合が存在していることも事実です。Kyashは、送金が無料であること、非接触決済がすぐに使えることなどの大きな特徴があるため、こういった面をどのように打ち出していくか、またさらに便利にするような新サービスを開発していくのかが重要となってくるでしょう。今後の動向に注目が必要です。

クレジットカードは法人においても便利に利用することができます。「冊子版創業手帳」では、法人カードの活用法や、おすすめのカードについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Fintech Kyash Visa アプリ ウォレット クレジット・カード デジタル バーチャル・カード プリペイド・カード 株式会社 決済 資金調達 非接触決済
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「サイフューズ」が「太陽ホールディングス」と再生・細胞医療分野における包括的パートナーシップ契約を締結
2020年10月1日、株式会社サイフューズは、太陽ホールディングス株式会社との間で、2019年2月に締結した「資本業務提携に関する基本合意書」に基づき、再生・細胞医療分野における業務提携契約(包括的パ…
ホテルの空き部屋を活用した旅行の行き先がランダムに決まる宿泊予約サイト運営の「Xtraveler」が資金調達
2021年6月30日、学校法人武蔵野大学は、株式会社Xtravelerが資金調達を実施したことを発表しました。 Xtravelerは、武蔵野大学において2021年4月に新たに開設されたアントレプナーシ…
資産運用サービス事業者の資産運用DXを推進する「VestOne」が1億円調達
2021年4月7日、株式会社VestOneは、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 金融機関をはじめとした資産運用サービス事業者の、最適な資産運用を実現するソリューションを開発・提供していま…
心疾患診断アシスト機能を搭載した「超聴診器」を開発する「AMI」が1億円調達
2022年3月1日、AMI株式会社は、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 心疾患診断アシスト機能付き遠隔医療対応聴診器「超聴診器」を開発しています。 心電・心音の同時計測と、独自のアルゴリ…
多拠点クラウド・オフィス「TeleworkSpace」開発の「テレワーク・テクノロジーズ」が資金調達
2020年6月5日、テレワーク・テクノロジーズ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 予約不要の3タップ10秒で利用できる多拠点ワークスペース・アプリ「TeleworkSpace(テレワー…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ