注目のスタートアップ

高高度ガス気球や旅行用気密キャビンを設計・開発する「岩谷技研」が4億円調達

company

2022年6月20日、株式会社岩谷技研は、総額約4億円の資金調達を実施したことを発表しました。

岩谷技研は、高高度ガス気球や、旅行用気密キャビンを設計・開発しています。

気球による“NearSpace(地球に近い宇宙空間)からの宇宙旅行”の実現を目指しています。

2022年6月9日には、自社開発の気密キャビンを使った生物実験(ハムスター)を実施し、最大高度23kmの成層圏まで飛んだあと海上で回収し、ハムスターの生存を確認しています。

これにより自社開発の気密キャビンにおいて、人間に近い哺乳動物が宇宙空間で快適に過ごせることを実証しています。

人間が宇宙に行くには、人間を載せて宇宙まで行ける機体の開発のために莫大な資金が必要となります。

Amazonの創業者であるジェフ・ベゾス氏は、2021年7月20日に、弾道飛行用システム「New Shepard」による宇宙旅行を成功させていますが、まだ宇宙旅行が商業展開されるのは先のことでしょう。また、この弾道飛行する宇宙機での宇宙旅行は、ビジネスとしてスケールすると数百万円程度までコストが下がると予測されています。

岩谷技研が計画している宇宙旅行は、気球と気密キャビンを利用したものです。宇宙機の開発とロケットの打ち上げが必要なくなるため、大幅に宇宙旅行のコストを抑えられる可能性があります。

岩谷技研の事業は、代表の岩谷圭介氏がはじめた「ふうせん宇宙撮影」がもととなっています。

この「ふうせん宇宙撮影」は、カメラを搭載した機体にヘリウムガスで満たしたゴム風船をつけることで宇宙まで飛ばし、宇宙を撮影するというプロジェクトです。

2018年にはじめてとなる生物実験として熱帯魚(ベタ)を最高高度28kmまで打ち上げて生還させ、今回はハムスターの生還も成功させています。着実に人間の宇宙旅行に近づいているといえるでしょう。

スケールの大きなビジネスには、多くの資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、ベンチャーキャピタルから出資を受けるためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ガス気球 宇宙 宇宙ビジネス 宇宙旅行 岩谷技研 旅行 株式会社 気密キャビン 気球 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

人事専門成果報酬型求人サイト「アミーチ」がリリース
2022年5月18日、株式会社Hajimariは、「アミーチ」を提供開始したことを発表しました。 「アミーチ」は、人事専門型の完全成果報酬型求人サイトです。 人事関連のビッグデータを用いてニーズに合わ…
警備を依頼したい人と警備会社をマッチングするプラットフォーム「AIK order」がリリース
2020年12月17日、株式会社エルテスセキュリティインテリジェンスは、「AIK order(アイク オーダー)」の提供を開始することを発表しました。 「AIK order」は、警備を依頼したい人と警…
コミュニケーションのAI解析「UpSighter」提供の「コグニティ」が1.9億円調達
2020年1月15日、コグニティ株式会社は、総額1億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIがトーク内容を自動解析し改善点を提示するサービス「UpSighter(アップ・サイター)…
チケット見逃し防止アプリ「Freax」運営の「Spectra」が資金調達
2019年9月30日、株式会社Spectraは、資金調達を実施したことを発表しました。 チケット見逃し防止アプリ「Freax」を提供しています。 各種音楽ストリーミング・サービスの視聴データと「Fre…
送金アプリ提供の「pring」が会計ソフト提供の「ミロク情報サービス」と資本業務提携
2020年10月15日、株式会社pringは、株式会社ミロク情報サービスと資本業務提携したことを発表しました。 pringは、送金アプリ「pring」や、法人から個人への送金サービス「業務用プリン」、…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ