データ連携基盤「WorkstyleOS」など提供の「ACALL」が5億円調達

2020年6月29日、ACALL株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。

オフィスワークにおける様々なスペースへのスマートなチェックインを実現するアプリケーション群「ACALL applications」とデータ連携基盤「WorkstyleOS」を組み合わせ、新しいワークスペース体験を提供しています。

「WorkstyleOS」は、アプリケーションや、外部サービス、IoTをつなぐことで、場所にとらわれない安心・安全・快適な働き方をサポートするサービスです。

Withコロナ/Afterコロナの働き方を見据え、リモート・ワーク・チェックイン・アプリ「ACALL WORK」を2020年6月30日にリリースします。

業務効率化のため、起業には様々なIoTツール・サービスが導入されています。データの量が膨大になっているだけでなく、データが発生する場所が従来より散逸しています。

ツール・サービスにより以前の業務効率は向上していますが、これらのツール・サービスが連携することで、さらに業務効率が改善されるはずです。

創業期は最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ACALL ACALL WORK WorkstyleOS データ 株式会社 業務効率化 資金調達 連携

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ