注目のスタートアップ

建機レンタル業界向けDXサービスを提供する「SORABITO」が資金調達

company

2022年6月10日、SORABITO株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

SORABITOは、建機レンタル会社向けオンラインレンタル機能構築支援クラウド「i-Rental 注文アプリ」、建機レンタル会社向けクラウド型業務支援ツール「i-Rental 受注管理」、建機レンタル会社向けAI経営分析「i-Rental AI」を提供しています。

「i-Rental 注文アプリ」は、建機レンタル会社が自社アプリを通じ、建設会社に建機レンタルのオンライン注文機能などを提供できるサービスです。

今回の資金は、企画・開発・拡販を担う人材の採用に充当する予定です。

建機レンタル事業は、油圧ショベル・ブルドーザー・クレーンなどの建設機械を貸し出すビジネスです。

この業界の業績は国内の土木・建設業界と比例しており、近年は自然災害に伴う復興や、インフラの再整備などの需要があり堅調に推移しています。

建機は大きな機械であるため保管場所のコストがかかります。機械そのものも高価であるため、レンタルのメリットは高いといえます。このことから、国内において使用されている建機の約6割はレンタルとなっています。

建機レンタル業界におけるレンタルの受発注は主に電話で行われていました。

一方、建設現場は24時間稼働している現場もあり、夜中に建機を注文したいケースがあります。しかし、電話注文は営業時間内しか受けつけておらず、注文が集中する時間帯もあるため、受発注に時間と手間がかかることが課題となっていました。

建機を発注する建設会社側としても発注業務は面倒な業務のひとつであり、オンラインで注文できる仕組みの構築が求められていました。

こういった状況から、業界大手の西尾レントオールは、2020年11月発表の中期経営計画で「オンラインレンタルの実現」を掲げ、2021年7月からSORABITOの「i-Rental 注文アプリ」を活用しオンラインレンタルに取り組んでいます。

また、業界最大手のアクティオも2020年10月からWeb注文サービスを開始しており、建機レンタル業界では、受発注を効率化するためのオンライン化が進んでいます。

効率化はどの企業でも大きな課題となっています。創業期は最新のシステムを導入できる機会でもあるため、効果的なシステムやツールを選定・導入するとよいでしょう。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI DX SORABITO Web注文 アプリ オンライン化 レンタル 受注 受発注 建機 建設 建設機械 株式会社 業務支援 注文 発注 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

衛星データ解析システム開発の「スペースシフト」が5億円調達
2021年2月16日、株式会社スペースシフトは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 衛星データ解析システムの開発を行っています。 開発する新たな方式では、専門家でも判読が難しいSAR衛…
研究開発リソースのシェアリングプラットフォームを提供する「Co-LABO MAKER」が1億円調達
2022年5月2日、株式会社Co-LABO MAKERは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Co-LABO MAKERは、研究リソースのシェアリングプラットフォーム「Co-LABO…
高精細小型SAR衛星の「QPS研究所」が8.65億円調達
2020年11月5日、株式会社QPS研究所は、総額8億6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 独自開発した小型衛星用の大型軽量アンテナにより、従来の衛生の20分の1の質量、100分の1…
「創業手帳」によるセミナー「キャッチコピーの作り方講座」が11/26に開催 受講者募集中
創業手帳株式会社は「キャッチコピーの作り方講座」を2020年11月26日(木)に開催することを発表しました。 「キャッチコピーの作り方講座」は、キャッチコピー=伝わる文章だと捉え、伝わる文章を書くため…
「テックアット」が資金調達 家具・家電の新品・新古品を低価格で提供する「LUUUP」をリリース
2020年3月6日、株式会社テックアットは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、国内メーカーの⾼品質な家具家電の新品・新古品を低価格で提供するサービス「LUUUP(ループ)」を正式リリースし…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ