注目のスタートアップ

サッカー選手やJリーグクラブ向け英語教育を展開する「Rodansnap」が資金調達

company

2022年9月12日、株式会社Rodansnapは、資金調達を実施したことを発表しました。

全国のサッカークラブ(小学生~高校生)や、Jリーグに所属するサッカー選手・Jリーグクラブを対象としたオンライン英会話サービスや、アーティスト特化型のオンライン英会話サービス、英語学習サービスDX支援事業、英語学習コンテンツ制作支援事業を展開しています。

さらなるサッカー選手の飛躍を目的に、育成年代に向けた英語教育をスタートします。

近年、欧州のサッカー界を中心に、先行投資的な意味合いも含め、世界中から若い選手を獲得することがトレンドとなっています。

国内のサッカー選手の育成力が向上したことや、情報の収集・共有が高度化したことから、国内においても海外への移籍が相次いでいます。

欧州ではサッカーは巨大なビジネスであり、チーム数も膨大です。

また、トップリーグでプレーできなかったとしても、欧州でプレーしていると別のチームのスカウトなどの目に留まる機会が多くなるため、キャリアを形成しやすいというメリットもあります。

欧州のサッカークラブで活躍するには、やはり英語などの語学力が必要となります。

サッカーではプレイ中にチームメイトと戦術面の話をしたり、審判に声をかけたりなど、言語によるコミュニケーションをとることが多いスポーツです。

海外でプレーしたことのある選手が語るところによると、言語によるコミュニケーションができない選手には味方からのパスが回ってこないこともあるらしく、チームに溶け込んでプレーするためにはやはり語学力は必要でしょう。

また、スポーツ選手はセカンドキャリアの問題もあります。英語スキルはセカンドキャリアの形成にも役立つため、サッカー選手の英語学習は重要なものといえます。

成功できる起業家になるためには、やはり勉強が欠かせません。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、成功している起業家のインタビューを多数掲載しています。先人の思考やアイデアを知ることは、新たなビジネスの創造に役立つことでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Rodansnap オンライン コミュニケーション サービス サッカー スキル スポーツ スポーツ選手 セカンドキャリア 教育 株式会社 海外 育成 英会話 英語 言語 語学 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「CM.com Japan」のメール配信サービス「Emailキャンペーン」にA/BテストとHTMLエディタ機能が追加
2020年9月24日、CM.com Japan株式会社は、9月28日から、「Emailキャンペーン」においてにA/BテストとHTMLエディタを新機能として追加し、提供することを発表しました。 「Ema…
汎コロナウイルスワクチンなど開発の「エピトマップ」が3億円調達
2021年12月16日、エピトマップ株式会社は、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本全薬工業株式会社と、動物アレルギー検査株式会社です。 エピトマップは、理化学研究所人工…
事業用駐車場手配サービス「at PORT」を展開する「ランディット」が1.5億円調達
2022年7月26日、ランディット株式会社は、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 事業用駐車場手配サービス「at PORT(アットポート)」を展開しています。 衛星×AI画…
独自の接木技術やゲノム編集技術により素早い新種苗開発を可能にする「グランドグリーン」が2.5億円調達
2020年3月31日、グランドグリーン株式会社は、総額約2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 独自の接木技術やゲノム編集技術により迅速な新種苗の開発を可能にソリューションを開発・…
株式投資型クラウドファンディングサービスなどを運営する「FUNDINNO」が「パーソルホールディングス」から資金調達
2022年8月17日、株式会社FUNDINNOは、パーソルホールディングス株式会社から、新株予約権による資金調達を完了したことを発表しました。 パーソルグループのパーソルベンチャーパートナーズ合同会社…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ